2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


藤田ニコル、黒歴史を告白「デビューシングルを出したことかな」

  • LINEで送る

幼稚園の仮装姿で参加した藤田ニコル

 タレントの藤田ニコル、お笑いコンビ・タイムマシーン3号が、パーソナリティーを務めるTBSラジオ番組『アットホームpresents 藤田ニコルのあしたはにちようび』(毎週土曜 後7:00~8:30)のオンライン公開収録が30日、行われた。

【写真】仮装姿で参加した公開収録の模様

 ハロウィン前夜を記念して、藤田とタイムマシーン3号の山本浩司が幼稚園児に、関太はガイコツにそれぞれ仮装し、参加したリスナー60人を驚かせた。

 新コーナーの「にこるんの黒歴史ぴえんPOST」は、リスナーから黒歴史を募集し、藤田がそのエピソードを供養することで気持ちを切り替えていこうという企画。

 自身の黒歴史について藤田は「今振り返れば楽しかった思い出だけど、18歳くらいの時に、大手レコード会社から声をかけてもらってデビューシングルを出したことかな」と切り出すと「タイトルは『Bye Bye』で、ファーストシングルで終わってしまったのは悲しかった。恥ずかしいからせめてセカンドくらいは出したかった。それでもファンの子は買ってくれたけど、初回限定版が今でもCDショップで売っているところを見ると黒歴史だなと思う」と告白。

 山本から「もう一回歌にチャレンジしたい気持ちはある?」と聞かれると、藤田は「YouTubeとかで歌うのは良いけど、レコード会社さんに申し訳ないからもういい」と答え、笑いを誘っていた。