2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


『ワールドトリガー』第2期新キャストに豊永利行、園崎未恵、津田健次郎ら 特報映像も公開

  • LINEで送る

アニメ「ワールドトリガー」第2期の場面カット (C)葦原⼤介/集英社・テレビ朝⽇・東映アニメーション

 来年1月9日よりテレビ朝日系で放送されるテレビアニメ『ワールドトリガー』第2期の新キャストが発表された。ガロプラのメンバー、ラタリコフ役を豊永利行、ウェン・ソー役を園崎未恵、コスケロ役を津田健次郎、レギンデッツ役を村瀬歩、ヨミ役を白石涼子が担当する。第1期から登場したリーダー・ガトリン役の江川央生とあわせて、コメントも寄せられた。

【動画】バトルシーン演出が進化!公開された特報映像

 第2期より初登場するガロプラは、近界(ネイバー)最大級の軍事国家アフトクラトルの従属関係にある惑星国家で、第2期では、アフトクラトルの命により、ガロプラのメンバーがボーダー本部を襲撃しにいく場面から描かれる。

 また、特報映像が解禁となり、遊真や修などメインキャラクターはもちろん、ガロプラのメンバーと対峙する太刀川・嵐山たちの姿も描かれており、玉狛第2の隊服の色やトリオン漏出の表現は、より原作の表現や世界観に近づけるため、1期から変更されている。

 同作は、「近界民(ネイバー)」と呼ばれる異世界からの来訪者・空閑遊真と、近界民の侵略に対抗する界境防衛機関「ボーダー」の隊員・三雲修が、未知なるモノとの接触や戦いを通して成長していく姿を描いたSFアクション。原作漫画が『週刊少年ジャンプ』にて2013年2月より連載がスタートし、18年12月より『ジャンプSQ.』へ移籍連載。テレビアニメが、14年10月から16年4月まで全73話がテレビ朝日系で放送された。

■ガトリン役の江川央生コメント
1stシーズンから登場していましたが、2ndシーズンではボーダーとガロプラがどのように戦っていくのか、放送を期待して待っていてください。私自身もとても楽しみにしています。

■ラタリコフ役の豊永利行コメント
今回の2ndシーズンから登場ということで、今回ガトリン隊長率いる遠征部隊の一員として、活躍させていただくことになりました。自分自身も楽しみながら演じたいと思います。皆様も放送を楽しみにお待ちください!

■ウェン・ソー役の園崎未恵コメント
ウェン・ソーはとても強く、エリート街道まっしぐらの軍人さんですが、好きなものが「はちみつ」や「オレンジ」のようで、とても親近感が沸いています。派手なシーンがアニメになるので、楽しみにしてください!

■コスケロ役の津田健次郎コメント
独自の世界観を持っていて、オリジナリティ―溢れる「ワールドトリガー」に参加できるということで、とてもうれしいです。ぜひ楽しくご覧になっていただけたらうれしいです。

■レギンデッツ役の村瀬歩コメント
今回「ワールドトリガー」に参加させていただけるということで、とても光栄で、うれしく思っております。序盤にヒュースと対峙するシーンがあり、魂を込めて演じさせていただきますので、レギンデッツ含め、ガロプラが動く姿を楽しみに待っていてください!

■ヨミ役の白石涼子コメント
ずっと「ワールドトリガー」に参加したいと思っていたので、とてもうれしいです。淡々としていて頭の良いヨミがどんなふうに活躍するのか、ぜひ1話から楽しみに観ていただければと思います。