2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


上野樹里“月9”キャストと『ネプリーグ』登場 2.5次元俳優&お笑い仕事人チームと火花

  • LINEで送る

11月2日放送のバラエティー『ネプリーグSP』(C)フジテレビ

 11月2日放送のフジテレビ系バラエティー『ネプリーグSP』(後7:00)では、月9『監察医 朝顔』チーム、2.5次元俳優チーム、お笑い仕事人チームによる豪華三つどもえが実現。『監察医 朝顔』からは上野樹里、中尾明慶、平岩紙、板尾創路、坂ノ上茜、2.5次元俳優チームからは、荒牧慶彦、佐藤流司、和田雅成、小澤廉、崎山つばさ、赤澤遼太郎、お笑い仕事人チームからは、飯尾和樹、小沢一敬、カンニング竹山が参戦し、熱いバトルを繰り広げる。

【番組カット】2.5次元俳優チーム、お笑い仕事人チームも登場

 1stステージは、音楽のリズムに合わせて英語の和訳や画像問題をテンポよく答えるゲーム「ノンストップDJ」。『監察医 朝顔』チームの上野は「自信あります!」と冒頭からノリノリでDJ風に答え、板尾も腕を振り上げて「自信あるで~」とチームを盛り上げるが、日常でよく聞く英語の問題でいきなり聞き取れず一同が騒然対する、2.5次元俳優チームの佐藤は板尾に対し「あんな簡単に間違えられます?」と挑発するが、佐藤も名所の写真を見て国名を答える問題でまさかの解答をしてしまう。

 2ndステージは、あらゆる分野から出題された問題にひとり1文字ずつ解答し、全員で5文字の答えを完成させる「ハイパーファイブリーグ」。2.5次元俳優チームは、最新技術としてテレビでも取り上げられている、あるYouTuberの問題で、キャプテン・原田がやらかしてしまい、和田が『おそ松さん』のキャラクター・カラ松の声で「なにしてんだブスが」とげきを飛ばす。お笑い仕事人チームは、“CM”の正式名称に頭を悩ませる。

 3rdステージは、常識的な日本語漢字を読み・書きを答えるゲーム「日本語ツアーズバギー」。上野は「もう少し追いつきたい」と意気込むも、新クイズの“略字を正式名称に正しく直す”クイズで苦戦。2.5次元俳優チームのトップバッター・佐藤が「テレビで見てる時は答えられるけどここの緊張すごいですね」と緊張をあらわにする。

 4thステージは、さまざまなモノの割合を答えるゲーム「パーセントバルーン」。上野は「厳しいでしょう。きょうはね」と早くも諦めモードだったが、板尾がここで大活躍。一方、カンニング竹山は「なんでみんなこんな簡単な問題がわからないんだと思ってますよ!」と自信をのぞかせる。

 5thステージは、10個以上正解がある常識問題を制限時間内に答える「ハイパーボンバー」。板尾は「僕は大丈夫」と余裕をみせるが、過去出演した時の恥ずかしいシーンを見せられ、スタジオ一同が大爆笑。2.5次元俳優チームの赤澤は「すごく緊張しているのですが、家族がすごく楽しみにしているので、精一杯頑張りたいと思います」と意気込む。