2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
ORICON NEWS


つばきファクトリー、座禅で新曲ヒット祈願 志願の警策体験も「ドンと来い」

  • LINEで送る

9月30日にリリースされた「断捨ISM/イマナンジ?」ヒット祈願で座禅を行ったつばきファクトリー

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・つばきファクトリーが9月30日、ニューシングル「断捨ISM/イマナンジ?」をリリースした。メンバー9人は本作のヒットを祈願するため、このほど都内の崇福寺で祈祷と座禅を行った。

【動画】つばきファクトリー9人全員 座禅で新曲ヒット祈願

 今回の座禅体験は、表題曲「断捨ISM」のタイトルにちなみ、メンバーが邪念を捨て、心を清めるために行われたもの。住職に心得を教わったあと、座禅を通して“無”の状態を体感した。初めての全員での座禅では全員一度も“警策”で肩を打たれることなく完遂したが、本人たちが志願して警策をいただく体験もした。

 小野瑞歩は「普段いろんなことを考えすぎていて、逆にさっきまで何を考えていたか忘れてしまったりするので、今回何も考えない時間を過ごすことができて“こんなに穏やかな気持ちになれるんだ”って思いました」とコメント。小野田紗栞は坐禅中の“半眼”の所作を振り返り「動画を録っていただいてたので、みんなどういう顔になっているか見てみたい」と盛り上げた。

 「つばきファクトリーの楽屋っていつもワイワイしてるので、“全員そろってこんなに静かなの何年ぶり?”って思いました」という浅倉樹々の言葉には笑い声があがり、秋山眞緒は「やる前は笑ってしまうかなと思ってたんですけど、意外と“無”になれて自分にビックリしました」と振り返る。岸本ゆめのは「私は修行に興味があるので、今日の座禅体験もワクワクしてたんですけど、やっぱりすばらしいなと思いました。滝行もやってみたいですね」と意欲をみせた。

 谷本安美は「前に友達と2人で、家で座禅をしたことがあったんですけど、その時には自分の姿が面白くなっちゃって途中で笑っちゃったんですよ」と告白しつつも、今回は落ち着いた状態を保てたそう。小片リサは「“無になろう”と思ったらもうその時点で無になってないなと考えていて、“考えを捨てる”というのが実際にやってみるまでわからなかったんですけど、呼吸に気を払うことを教えていただいて“無”になることができました。これも新しい趣味になるかも」と興味津々だった。

 追加体験となった警策については、一番手で受けた新沼希空が「本番では全員叩かれないで終わったのでよかったな……と思いつつ、なかなか体験できないことなのでトップバッターでうれしかったです」とコメント。リーダーの山岸理子は「ドンと来いという感じで(笑)。邪心を追い払えてよかったです」と頼もしい発言をしたが、メンバーから「邪心じゃなくて邪念だよ!」とツッコミを受けていた。

 新曲「断捨ISM」は、SHOCK EYE(湘南乃風)が作詞・作曲を手がけたアップテンポなダンスナンバー。ミュージックビデオ(MV)ではキレのあるダンに加え、ドラマパートでは浅倉と小野以外の 7 人が小人になって登場するというコミカルな映像となっている。

 もう一方の表題曲「イマナンジ?」は、つばきファクトリーが得意とするノスタルジックなミディアムバラード。小野は「これまでのバラードとは違って、恋愛が成就した後に続く悩みを歌っているので歌いがいがあります」と語る。

 コロナ禍でのリリースとなり、山岸は「大変な状況の中でも、こうして新曲を発売させていただくことができて本当にうれしく思います。皆さんが不安になっているときとか、元気がないときとかこそ、私たちアイドルの出番かなって思っているので。『断捨ISM』を聴きながら部屋を片付けるとか、『イマナンジ?』を聴きながらウキウキしたりだとか。そういうふうに過ごしていただけたらうれしいです」とメッセージを送った。

 この日のヒット祈願・座禅体験の映像は、きょう30 日からYouTubeの「OMAKE CHANNEL」で公開中。