2020夏季千葉県高等学校野球大会
ORICON NEWS


櫻井淳子&芳本美代子&川上麻衣子、リモートドラマ初挑戦「若い人の力を借りながら」

  • LINEで送る

ABEMA『ママたちのリモート会議殺人事件』の制作会見に出席した(左から)芳本美代子、櫻井淳子、川上麻衣子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の櫻井淳子、芳本美代子、川上麻衣子が14日、都内でテレビ&ビデオエンターテイメントABEMAで放送予定のリモートドラマ『ママたちのリモート会議殺人事件』の制作会見に出席した。

【動画】櫻井淳子&芳本美代子&川上麻衣子、リモートドラマ初挑戦「若い人の力を借りながら」

 ごく普通のリモート会議で起きた殺人事件を、ごく普通の主婦が「迷?名?」推理していくシットコム。推理小説マニアの主婦・滝沢真理子を櫻井、新型コロナ禍でパートをクビになり、ギクシャクした関係の夫を殺害した(?)杉浦早紀を芳本、姉御肌の毒舌キャラでママ友からの信頼は厚い鈴木智子を川上が演じる。

 櫻井は「リモートドラマ初挑戦。どういった形で撮影するのかわからないですけど楽しみにしています」とにっこり。芳本は「リモートドラマは初ですし、どういった撮り方をするのか楽しみ。出演者同士が密を避けたりしながら少人数。スタッフさんも少なくて、私たち出演者の方が多いんじゃないかぐらいの勢いで撮るらしい。楽しみは楽しみですけど、大変は大変だろうな」と笑顔で語った。川上は「きょう初めて本読みをした。こうやって、顔を合わせて仕事をするのは何ヶ月ぶり。芝居ができるのは楽しいと感じました」としみじみ口にした。

 ハウススタジオで、それぞれ別の家に見立ててZoomを用いて撮影。同じ場所にいるが、ほぼ共演シーンはないという。画面に写り続けるため、芳本は「生放送でやる通し本番のドラマみたいでドキドキするんだろうな、と感じてます」と話す。

 最後に芳本は「こういう時だからこそ楽しんで。面白いものを届けられたら。気をつけながらやりたいと思います」と意気込み、川上も「新しい時代に対応していかないと考えながら。面白いことを40代、50代は若い人の力を借りながら」と気合十分。櫻井は「リモートだからこそのドラマだと思う。その面白さが伝われば」と呼びかけていた。

 会見には小林博、杉江大志も参加した。