2020夏季千葉県高等学校野球大会
ORICON NEWS


渡辺謙、福島原発・吉田所長の命日に思い「現場を大事にした所長」

  • LINEで送る

福島原発・吉田所長の命日に思いを語った渡辺謙 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の渡辺謙が9日、都内で行われた映画『Fukushima 50』カムバック上映舞台あいさつに登壇。きょう7月9日は、渡辺が演じた福島第一原発所長の吉田昌郎さんの命日であることから、吉田さんへの思いや、コロナ禍でのエンタメ業界への思いを語った。

【動画】演じた役について熱い思いを語る佐藤浩市

 吉田さんは、食道がんのため2013年7月9日に58歳で亡くなった。渡辺は「災害が起きたときに何が大事か。現場の声なんです。現場で何に困っているのか、その声を切に聞いて、政府とも戦ったのが吉田さんだと思います」と思いをはせ「この日に、もう一度この映画を届けられる。現場を大事にした“所長”を感じていただければ、吉田さんも喜んでくれると思います」と、しのんだ。

 新型コロナウイルスの影響でで大きな打撃を受けているエンタメ業界については「舞台も映画館も、熱とバイブレーションを取り上げられてしまうと成り立たない。もちろん、距離をとることやマスクをすることは大事ですが『新しい生活様式』という言葉に引っかかる。エンターテインメントの人間としては『普通の生活様式』を取り戻したいという気持ちでいっぱいです」と時間はかかれども、エンタメ業界が以前のように戻ることを願った。

 映画館で映画を見る魅力について、佐藤浩市は「劇場で映画を見て、暗がりから外に出た瞬間に感じる何か。それは劇場で見た人でなければわからない」と語り「劇場に足を運ぶことにちゅうちょするのは仕方ないかもしれないですが、各々ができるケアをして、劇場も消毒を含めて(対策を)やっているので、我々は静かに見るだけです」と必要以上に怖がらずに、しっかりと各自で対策をとって映画を楽しむことの大切さを話した。

 東日本大震災により発生した原発事故の現場に残った名もなき作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれていた。世界中が見守っていた現場で何が起きていたのか。東日本全体へ危機が迫る中、死を覚悟して残った職員たちの知られざる“真実”が描かれる同作。佐藤浩市が、原子炉から最も近い中央制御室を指揮する1・2号機当直長の伊崎利夫を演じている。