ORICON NEWS


増岡弘さん死去 『サザエさん』スタッフ&現マスオさん役・田中秀幸が追悼【コメント全文】

  • LINEで送る

アニメ『サザエさん』で40年以上の長きにわたりフグ田マスオ役を務めた増岡弘さん

 フジテレビ系アニメ『サザエさん』(毎週日曜 後6:30)のフグ田マスオ役で親しまれた声優の増岡弘(ますおか・ひろし)さんが3月21日午前2時53分、直腸がんのため死去した。83歳。訃報を受け、アニメ『サザエさん』スタッフ一同、現在のマスオさん役を務める田中秀幸が26日、コメントを発表した。

【アフレコ写真】増岡さんの笑顔…戸田恵子、山寺宏一ら『アンパンマン』声優が集結

 エイケンとフジテレビジョンは書面を通じて「この度の増岡弘さんご逝去の報に接し、心からご冥福をお祈り申し上げます」と伝え「故人には1978年6月より2019年8月18日まで40年以上の長きにわたり、アニメ『サザエさん』でフグ田マスオ役を務めて頂きました」と追悼した。

 現在、マスオさん役を務める田中は「増岡さんとは昔からたくさんの番組でご一緒させて頂きました。優しい笑顔、楽しいお話し、穏やかなお人柄。全部ずっと覚えています。どうぞ安らかにお眠り下さい」とコメント。

 『サザエさん』スタッフ一同は「カッコいい自慢の夫であり、家族思いの父親であり、気遣い上手な娘婿であり、頼れる義兄でもあるマスオさん。いつも穏やかで優しく、ユーモアにあふれた増岡さんの人柄そのものでした。これからも『サザエさん』スタッフ一同、マスオさんというかけがえのない家族の一員を、大切に描きつづけていきたいと思います。長い間、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を記した。

 増岡さんは、埼玉県出身。1958年、劇団表現座に入所。『サザエさん』のほか
、日本テレビ系『それいけ!アンパンマン』(ジャムおじさん役)、『ドラゴンボールZ』(亀仙人役)、『ドラゴンボールGT』(亀仙人役 2代目)、アニメ『忍たま乱太郎』(板井野飛田)など多くの作品で活躍。フジテレビ系『有吉くんの正直さんぽ』、テレビ朝日系『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺』などでナレーションも務めた。

 増岡さんの訃報は26日、所属の俳協が発表。葬儀は家族葬で執り行われ、お別れの会は故人の意思により行わない。

以下、コメント全文

【田中秀幸】
増岡さんとは昔からたくさんの番組でご一緒させて頂きました。優しい笑顔、楽しいお話し、穏やかなお人柄。全部ずっと覚えています。どうぞ安らかにお眠り下さい。

【アニメ『サザエさん』スタッフ一同コメント】
カッコいい自慢の夫であり、家族思いの父親であり、気遣い上手な娘婿であり、頼れる義兄でもあるマスオさん。いつも穏やかで優しく、ユーモアにあふれた増岡さんの人柄そのものでした。これからも『サザエさん』スタッフ一同、マスオさんというかけがえのない家族の一員を、大切に描きつづけていきたいと思います。長い間、本当にありがとうございました。