ORICON NEWS


Aぇ! group、“三人四脚登山”でケンカぼっ発「絆は深まりました」

  • LINEで送る

27日放送の『なにわからAぇ! 風吹かせます!』に出演するAぇ! groupの正門良規・小島健・佐野晶哉 (C)カンテレ

 関西ジャニーズJr.の人気グループ・Aぇ! groupが、27日放送カンテレ『なにわからAぇ! 風吹かせます!~なにわイケメン学園×Aぇ! 男塾~』(毎週月曜 深0:55)に出演。今回は、正門良規、小島健、佐野晶哉が『男たるもの、六甲山ぐらい三人四脚で登ったらんかい!』をテーマに、全長4キロの登山道、標高931メートルの頂を目指して、ハードな登山に挑戦する。佐野は「この過酷さは他のロケとは比べ物にならないので、まったく同じ企画を残りの3人(末澤誠也、草間リチャード敬太、福本大晴)にもやってもらいたいです!」と難易度の高さを訴えている。

Aぇ!groupのテレビ出演歴

 これまで、ことごとく足の引っ張り合いをしてきたメンバーたちを一致団結させるために考えられたテーマだと聞かされ、「言い返されへんわ…」と意気消沈の佐野。まずは、“三人四脚”のポジションを相談。佐野は「真ん中の人、地獄ですよね」と、両足を縛られる真ん中のポジションが一番負担が大きいと気付く。またもや足の引っ張り合いかと思われたが、まさかのあのメンバーが“センターポジション”という理由から“男気”を見せる。

 足を縛り終え、登り始めた3人の前に登山道ではよく見られる階段が出現。ひとりであれば、なんてことない階段も“三人四脚”では難関となる。息を合わせて挑戦するが、段差につまずき「ぎゃぁぁ!?」と、叫びながら転んでしまう3人。佐野は「分かってます?このしんどさ」、小島は「これ、ボケちゃいますからね!」と悲鳴をあげてその過酷さをアピール。「せーの!」と掛け声を合わせて立ち上がろうとするが、「長ラン踏んでるコイツ!そりゃ立てんわ!」と、佐野に衣装を踏まれた小島は「ウソやろ!大事な衣装やで!」と大激怒。一致団結はどこへやら、やはり険悪なムードになってしまうのか…。再び歩き出すも災難は続き、佐野に対する小島の怒りが爆発。“小島VS佐野”のケンカの行方は…。

 徐々にコツを掴み、順調に進み出したかに思われた3人の前に、この登山道で最大の難所“1メートルを超える岩壁”が立ちはだかり、小島は「おぞましい!」とおののく。さらに、ランチをかけて“三人四脚”のままで大縄跳びに挑戦。10回飛べればランチ獲得となるが、1回さえ飛ぶことができない3人。気持ちを一つにすることができるのか。さまざまな難所を乗り越えながら、登り続けること約5時間。果たして3人そろって山頂からの景色を眺めることは出来るのか…。

 過酷ロケを終え正門は「想像以上に長い道のりで、大変でした。正直、そこまでしんどくはないだろうと思ってたんですけど…」と苦労を振り返り、小島も「登山はしたことあるけど、“三人四脚”って聞いてもしんどさの想像ができひんかったもんな!」と同意。佐野は「余裕と思って、最初ははしゃいでいました。『8合目くらいかな?』というときに、『まだ5合目です』って言われたときは、急にしんどくなりましたね(笑)。もっと体力を温存しておくべきでした」と反省モード。

 「とにかく、足が痛くて痛くて…」とつらそうな小島に正門は「そんなに!? 大袈裟に言ってると思ってたから…。ごめんな」と優しさをみせる。一方で佐野が「でも感動はすごくあったので、赤点はいないかも!」と胸を張ると、正門は「けど、『足が痛い痛い!』ってずっと言ってる人もおるからなぁ(笑)」と小島を引き合いに出せば「待って!リタイアするぐらいの痛さを男気で乗り越えたから!」と必死の小島。佐野が「『痛い!』って言う時点で男気ないような気もするけど…」と指摘すれば、小島も負けじと「だから、最初は我慢してたけど…」と対抗。正門は「とにかく、こうやって言い合えるくらい絆は深まりました(笑)」とまとめていた。

 なお、同番組は放送終了後、無料動画配信サービス『GYAO!』にて、全国独占配信される。そのほか、番組連動のオリジナル動画『Aぇ! コスプレ名言塾』も放送終了後から無料配信。今回はAぇ! groupが料理人のコスプレに挑戦する。