ORICON NEWS


『攻殻機動隊 SAC_2045』King Gnu常田のmillennium paradeが主題歌 「二つ返事で」快諾

  • LINEで送る

『攻殻機動隊SAC2045』のティザービジュアル第2弾 (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

 Netflixで2020年春に全世界独占配信される『攻殻機動隊』シリーズ初のフル3DCGアニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045』。同作の主題歌を4人組バンドKing Gnuの常田大希(Vo, Gt)によるプロジェクトmillennium paradeが手掛けることが明らかになった。「millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045」の名義で「Fly with me」を書き下ろした。

【写真】出演する大塚明夫&田中敦子&山寺宏一

 常田が主宰するmillennium paradeは、「世界から見た東京」をテーマにデジタルネイティブなミレニアル世代を中心としたミュージシャン、映像ディレクター、CGクリエイター、デザイナー、イラストレーターなど、様々なセクションを内包した気鋭のクリエイティブ集団。

 「Fly with me」は『攻殻機動隊SAC_2045』のために書き下ろされ、すでに自身のライブでは本作のオープニングテーマという内容は伏せて披露されている。2019年5月のローンチ・パーティーでの披露から幾度となくブラッシュアップを繰り返し完成した渾身の主題歌に仕上がっており、レコーディングメンバーも豪華な顔ぶれが集結した。

 常田は「攻殻機動隊の主題歌を作って欲しいというオファーを頂いた時、身体中の血が湧き上がったのを今でも覚えている。なぜなら俺たちがmillennium paradeで作ろうとしている世界観は攻殻機動隊から多大なる影響を受けているから。二つ返事でやらせてほしいと伝えた」とあふれる攻殻愛を吐露。

 楽曲については「今回主題歌に決定したmillennium paradeのFly with meという曲は、攻殻機動隊 SAC_2045の主題歌であると同時に俺たち自身の主題歌でもある。そのくらい愛着と思い入れのあるこの楽曲が、攻殻機動隊の一端を担える事をとても幸せに思います。2020年春、全世界同時配信。楽しみに待っていてください」と呼びかけている。

 同日、メインキャスト情報も公開され、草薙素子役で田中敦子、バトー役で大塚明夫、トグサ役で山寺宏一らシリーズのレギュラー声優たちが今回も公安9課のメンバーとして続投する。