ORICON NEWS


みのもんた『ケンミンSHOW』勇退 4月から新MCに爆笑問題・田中裕二が就任

  • LINEで送る

みのもんた (C)ORICON NewS inc.

 タレントのみのもんた(75)が、読売テレビ・日本テレビ系バラエティー『秘密のケンミンSHOW』(毎週木曜 後9:00)を勇退することが決定した。4月からは、爆笑問題の田中裕二を新MCに迎えて、久本雅美とともに『秘密のケンミンSHOW 極(きわみ)』として新装開店する。

【写真】“相方”久本雅美も登場した『ケンミン』10周年会見

 一昨年の番組10周年記念会見で、みのは「ある時、私がすべての番組を降りるときがありまして、この番組だけが…残りました。なぜ、残ったのかわかりませんが、久本くんや読売テレビの大英断だった51~2年この業界におりますが、終生忘れられない番組になると思います」と感謝の思いを伝えていた。

 番組側は、今回のリニューアルにあたって「新装開店するに伴い、12年半もの長きにわたり番組司会者を務めていただいた、みのもんた様につきましては、ご本人の御意向もあり後進に道を譲られ、ご勇退されることとなりました」とコメント。「みのもんた様には、番組コンセプトである『エブリケンミン!カミングアウト!!』の名セリフを生み出していただき、まさに番組のシンボルとして支えていただきました。心より感謝の意を表するとともに、新装開店を「秘密のケンミンSHOW」の生みの親として見守っていただければと存じます」と呼びかけた。

 4月以降は、地方情報が注目を集める時代に変貌しつつあることを強く意識して、地方情報を番組独自の切り口で新発見・再発見する「地方創生ディスカバリー・エンターテインメント」へとシフトチェンジ。テレビの前で知らない情報に「えっ!!」と驚く番組から、新たな切り口で紹介される情報に「そうだったんだ」と新発見が詰まった構成になる。