ORICON NEWS


『五等分の花嫁』関係者の裏話公開 デート企画の経緯や苦労話が…

  • LINEで送る

漫画『五等分の花嫁』 (C)春場ねぎ・講談社

 人気漫画『五等分の花嫁』のキャラクターブック発売記念キャンペーン「『5つ子と全国47都道府県』デート企画」を企画した関係者の裏話記事が、講談社のコミックポータルサイトで公開された。

【写真】二乃愛爆発!『五等分の花嫁』関係者の座談会の様子

 同キャンペーンは、各都道府県のJRの駅にポスターが掲出されるというもの。ポスターは全5種あり、番号順にポスターをたどっていくと、五つ子とデートをしているような気分になれるという仕掛けとなっている。昨年11月よりスタートし、一花は北海道、二乃は東北(ともに掲出終了)、三玖が20日より関東・甲信越で掲出されている。(四葉、五月の掲出地区や時期は追って発表)

 公開された座談会では、ディレクター、デザイナーのほか、『週刊少年マガジン』公式ツイッターの“中の人”、講談社の宣伝担当が、企画の経緯や苦労話を語っている。

 『五等分の花嫁』は、2017年より『週刊少年マガジン』で連載をスタートさせた同名漫画が原作。貧乏生活を送る主人公の男子高校生が、あるきっかけで落第寸前の個性豊かな五つ子のヒロインたち(一花、二乃、三玖、四葉、五月)の家庭教師となり、彼女たちを無事卒業まで導くべく奮闘するラブコメディー。五つ子のうちの一人と結婚を控えた主人公が、高校時代を回想する形で描かれている。

 昨年1月から3月にかけて人気声優の花澤香菜(一花役)、竹達彩奈(二乃役)、 伊藤美来(三玖役)、佐倉綾音(四葉)、水瀬いのり(五月)が出演するテレビアニメが放送され話題となり、第2期の制作が決まっている。