ORICON NEWS


前田敦子、女優と育児の両立誓う「またガッツリ映画の世界に…」

  • LINEで送る

女優と育児の両立を誓った前田敦子 (C)ORICON NewS inc.

 日本で最も早い映画賞として知られる『第11回TAMA映画賞』の授賞式が17日、都内で行われ、「最優秀女優賞」を女優・前田敦子、蒼井優が受賞した。

【写真】花束を手に受賞の喜びを語る蒼井優

 前田は、『旅のおわり世界のはじまり』、『葬式の名人』の演技が決め手。記念品を手に「ここで新人賞をいただいたのが、初めての映画賞でした。今回、こうやって戻ってくることができてうれしいです」と感無量の表情を浮かべた。

 今年は、長男を出産するなど、公私ともに変化の大きい一年となった。「たくさんの映画に参加させていただいた一年でした。改めて映画の世界は、夢が詰まっていて、ワクワクするんだなと、やればやるほど実感できる」と充実感をにじませながら「また、これからどういうペースでやるか、これから決めていくことですけど、またガッツリ映画の世界に携われるよう、そのためにすべてのことに頑張っていきたい」と言葉に力を込めていた。

 『長いお別れ』、『宮本から君へ』などの好演が評価され受賞した蒼井は「新しい一歩を踏み出す時期に、こういう賞をいただけて光栄です。ある種の叱咤激励だと思って、これからも真面目に映画作りに励んでいきたい」とほほ笑んでいた。

■『第11回TAMA映画賞』の受賞は以下の通り

最優秀作品賞:『嵐電』(鈴木卓爾監督、及びスタッフ・キャスト一同)、『長いお別れ』(中野量太監督、及びスタッフ・キャスト一同)

特別賞:新海誠監督、及びスタッフ・キャスト一同(『天気の子』)、藤井道人監督、及びスタッフ・キャスト一同(『新聞記者』)

最優秀男優賞:山崎努(『長いお別れ』)、井浦新(『嵐電』、『こはく』、『赤い雪』、『止められるか、俺たちを』、『宮本から君へ』ほか)

最優秀女優賞:蒼井優(『長いお別れ』、『宮本から君へ』、『斬、』、『ある船頭の話』、『海獣の子供』)、前田敦子(『旅のおわり世界のはじまり』、『葬式の名人』、『町田くんの世界』ほか)

最優秀新進男優賞:成田凌(『愛がなんだ』、『チワワちゃん』、『さよならくちびる』、『人間失格 太宰治と3人の女』、『翔んで埼玉』)、清水尋也(『ホットギミック ガールミーツボーイ』、『パラレルワールド・ラブストーリー』、『貞子』)

最優秀新進女優賞:岸井ゆきの(『愛がなんだ』、『ここは退屈迎えに来て』、『ゲキ×シネ「髑髏城の七人」season風』)、シム・ウンギョン(『新聞記者』)

最優秀新進監督賞:山戸結希監督(『ホットギミック ガールミーツボーイ』、『21世紀の女の子』)、奥山大史監督(『僕はイエス様が嫌い』)