ORICON NEWS


Travis Japan×屋良朝幸、ダンスで起こす化学反応 壮絶舞台けいこの裏側に密着

  • LINEで送る

22日放送の『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』Travis Japan初単独主演舞台『虎者-NINJAPAN-』より(左から)松倉海斗、中村海人、吉澤閑也、宮近海斗、川島如恵留、七五三掛龍也、松田元太 (C)フジテレビ

 ジャニーズJr.の人気グループ・Travis Japanが22日放送のフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(深夜1:05)に出演。これまであまり表に出されなかったエンターテインメントのバックステージを長期密着取材し、そのリアルな姿を描き出す同番組。今回は多くの視聴者からの強い要望を受け、ダンスを武器に絶大な人気を誇る彼らの特集が決定。そしてTravis Japan初単独主演舞台の二幕SHOW TIMEの振付を担当することになった屋良朝幸にも前回から引き続き密着を行う。テーマは 『Travis Japan×屋良朝幸』。ダンスで高みを目指す両者が起こす化学反応とは…? 壮絶な舞台けいこの一部始終を追う。

Travis Japanのテレビ出演歴

 Travis Japanは、マイケル・ジャクソンの振付師を務めたトラヴィス・ペインが、2012年に故・ジャニー喜多川さんとともにジャニーズJr.の中から選抜したメンバーで構成されたグループ。その後、彼らの踊りを見た嵐の松本潤が「あいつらを使いたい」と指名したことも。嵐やタッキー&翼、Kis-My-Ft2など数々の先輩のバックダンサーを務めながら、ついにグループ結成7年目にして初の単独主演舞台となる『虎者-NINJAPAN-』に挑むこととなった。屋良が振付をするその一部始終に密着している。

 『虎者~』では、高い身体能力と団結力を持つグループ7人のシンクロダンスが大きな武器とするTravis Japanが、アクロバットの要素を取り入れて臨む新たな和のエンターテインメントショー。ジャニーさんが企画・構成を行い、滝沢秀明氏が構成・演出を引き継いだ。世界にも通用する作品を目指したこの舞台は、『忍者』をステージのコンセプトにし、様々な感情や状況をセリフではなく歌や踊りの他、トランポリンを使ったアクロバットなどのパフォーマンスで表現する。
 
 華やかな舞台の裏、けいこでは逆境も訪れた。一幕では、アクションやタップダンスなど、彼らにとっては初挑戦づくしの内容となる。なかでも、この舞台の目玉となるトランポリンを背中で跳び壁を駆けのぼる『ウォールトランポリン』が困難としてたちふさがる。合間、最年少の松田元太は「毎回どんどん新しいことをやっていく。めっちゃ怖いです。怖いと思ったのは初めて」と漏らす。だが、一幕を完成させるだけでも苦戦を強いられていた彼らに、屋良は二幕でさらなる試練を用意していた。

 それは、ブレークダンスなどを取り入れた高度な振付の数々。体力だけでなく技術の面でも未経験の境地だ。満身創痍(そうい)で稽古に臨むTravis Japan。しかし、屋良が目の前でブレークダンスの技を披露してみせると、彼らは落ち込むどころか歓声をあげ、喜々として挑戦していった。リーダー的ポジションを担う宮近海斗は、もともと尊敬する先輩に屋良の名を挙げていた一人。「屋良君は自分にとっての教科書。もし屋良君のパフォーマンス力を身につけることができたら、Travis Japanの一員として何も怖くないような気がする」と目を輝かせる。

 一方、屋良も最年長・川島如恵留のしなやかで美しいバク宙を見て、「なんで着地の時、音鳴らないの!?」と興味津々。「すごい研究したんですよ。僕のこだわりです」とサラリと答える川島に対し、「そこ研究する? アホですね。俺と同じようなアホがいる」と笑う屋良。ダンスに対する姿勢を通じて互いにシンパシーを感じる先輩と後輩たち。身体がボロボロになりながらも、パフォーマンスは日を追うごとに深みを増していく。屋良も後輩の苦難を知りながら、決して手を緩めない。自らの限界と闘いながら、難しい技に全身全霊で取り組む彼らには、まさに鬼気迫るものがあった。

 連日スタジオでたった一人振付を作る屋良は、Travis Japanに対しての思いを語る。「すごく背負っているなって。ジャニーズJr.ってものとチームをどうするかっていうものを。それがふとパフォーマンスの中に見えた時があった。それがすごい良かった」。初の単独主演舞台に向け、自らの限界を超えてもなお、その先に挑んだTravis Japan。ここに、ジャニーズのダンスの極みを目撃する。