ORICON NEWS


厚切りジェイソン“IT講師”で企業役員の顔チラリ「芸能界に手を染めましたけど…」

  • LINEで送る

講師として子供にプログラミングを教える厚切りジェイソン (C)ORICON NewS inc.

 お笑い芸人の厚切りジェイソンが23日、都内で行われた『楽天ママ割 ママの学校 -ママのための“プログラミング教育”講座-』にゲスト出演。駆けつけた親子生徒たちに向け、IT企業役員としての顔をのぞかせながら講師の役割を全うした。

【写真】自らロボット役になりプログラミングを解説した厚切りジェイソン

 教育ITライターの神谷加代氏とともに、「2020年の小学校でのプログラミング教育の必修化」をテーマに「社会や教育の変化」や「これから子どもに求められる力」などをトークセッション形式でレクチャー。

 「芸能界に手を染めましたけど、まだ一応、ITやってます!」と軽快なあいさつで場を和ませたジェイソンは、「ITの基礎スキルがあると非常に助かる。僕も小学生くらいからプログラミングをやっていて、全然、理解はしてなかったけどイジったりしてました。でもそれのおかげで(プログラミングに)入るハードルは低かったです!」と体験談を交えて、子どもたちに呼びかけた。

 講座では、自らがロボット役となり、生徒たちに「命令と実行」を体を使って分かりやすく解説する一幕も。興味深く聞き入っていた子どもたちに「プログラミングは、自分だけの世界で、いろんなことができる。普通の世界ではできないことも自由自在な部分に魅力を感じます」とアピールしていた。