ORICON NEWS


EXIT・兼近大樹、イケメン扱いに嘆き?「笑いの量は減った…」

  • LINEで送る

イケメン部門のランクインが期待されるEXITの兼近大樹(右)と相方のりんたろー。 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・EXITが23日、都内で行われた『よしもと男前ブサイクランキング』の開催発表会見に出席。イケメン部門のランクインが期待される兼近大樹は「最近、めちゃくちゃモテる」と確かな人気を実感していた。

【動画】EXIT・兼近大樹、イケメン扱いに嘆き?「笑いの量は減った…」

 その後も「顔が売りじゃない。漫才だけを見てもらいたい」と余裕のジョークを飛ばしていた兼近。一方で「モテ始めたのは2年前くらい。それまではおかっぱキャラで裸芸をやっていた」と明かすと「一般の社会だと(イメチェンは)成功だと思いますけど、芸人としては笑いの量が減った…」とポツリ。贅沢な悩みに共演芸人からは「絶対、イケメンの方がいいから!」とツッコミが飛び交っていた。

 4年ぶりに復活する同ランキングは、一般投票によって吉本芸人の“男前”と“ブサイク”の1位を決めるもの。月刊お笑い総合エンタテインメント誌『マンスリーよしもと』で2000年にスタートし、2015年まで毎年恒例のイベントとして開催されていた。今年は、吉本興業のスマホアプリ『ラフピー』から投票が可能となる。

 3年連続で1位にランクインすると殿堂入りとなり、2015年までの「男前ランキング」では、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、チュートリアル・徳井義実、次長課長・井上聡、ライセンス・藤原一裕、ピース・綾部祐二、「ブサイクランキング殿堂入り」では、130R・ほんこん、フットボールアワー・岩尾望、南海キャンディーズ・山里亮太、マンボウやしろ、NON STYLE・井上裕介らが殿堂入りを果たしている。

 ブサイク部門の“優勝候補”として名前が挙がったアインシュタイン・稲田直樹は「重い腰を上げて、もう一回やってきました」と気合十分に切り出すと「最近は『可愛い!』とか言ってもらえてるけど、これを機に全員、目を覚まさしてやろ!」、「ブサイクだろうが何だろうが、1位を穫るのが男の宿命」と怪気炎をあげていた。