ORICON NEWS


【なつぞら】第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」あらすじ

  • LINEで送る

連続テレビ小説『なつぞら』第26週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」(C)ササユリ・NHK

 NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)は、9月23日からの第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」で最終回(28日)を迎える。富士子(松嶋菜々子)が上京してきて迎えた1975年春、なつ(広瀬すず)の娘・優(増田光桜)は小学校に入学。一方、「大草原の少女ソラ」は次第に人気番組になり、なつたちのアニメーション制作は佳境を迎えていた。

【画像】『なつぞら』第26週場面写真

 放送ギリギリの制作が続き、麻子(貫地谷しほり)はテレビ局からの催促に頭を悩ませる。ある日、雨の中運ばれてきた動画がぬれてしまうトラブルに見舞われるが、坂場(中川大志)たちの意欲は衰えない。そんな苦難も乗り越え、放送は無事に最終回を迎える。

 そして、なつは約束通り、千遥(清原果耶)と北海道にやってきた。翌日、季節外れの台風が十勝を直撃。柴田家は停電に襲われ、電化された最新の牧場設備がストップしてしまう…。

 画像は、同ドラマの台本の表紙に印刷されていたイラスト。全編アニメーションで制作されたタイトルバックの監督・原画・キャラクターデザインを手がけた刈谷仁美氏が26週分、すべて異なるイラストを提供した。