ORICON NEWS


吉本興業・岡本昭彦社長が会見 宮迫博之&田村亮に謝罪し処分撤回を明言

  • LINEで送る

吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長 (C)ORICON NewS inc.

 吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日、都内で記者会見を開催。一連の騒動について謝罪し、20日に会見をした雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)へ「つらい思いをさせてしまい、申し訳なく思っております」と深く頭を下げ、「処分を撤回したい」と明言した。

【写真】涙ながらに会見を行った吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長

 宮迫とは19日契約を解除したが「全力で改めてミーティングさせていただき、いつの日か戻ってきてもらえるようなことがあるなら、全力でサポートしていければという風に思っております」と復帰に前向きな姿勢も見せた。また「先日のような会見を行わせてしまう結果になってしまったことの全責任は、私にあります」とお詫びした。

 宮迫は20日の会見で、岡本社長が詐欺グループの会合に参加した宮迫や亮を含む5人の芸人との話し合いの場で「おまえらテープを回してないやろな」と確認し、「亮、ええよ。おまえが辞めて1人で会見してもいいわ。やってもいいけど、全員連帯責任でクビにするから。それでもいいならやれ。俺にはおまえら全員をクビにする力がある」と、圧力をかけられたことを告白していた。

 会見を受けて同日夜、ダウンタウンの松本人志が岡本社長と大崎洋会長、東野幸治の4人で会談を行い、岡本社長が会見を行うことを決定。21日に生放送されたフジテレビ系『ワイドナショー』にVTR出演した岡本社長は「昨日のような会見をタレントにさせてしまったことを大変心苦しく思っており、あす私の方から会見を開かせていただいて、ご説明させていただければと思います」と報告した。

 吉本興業は19日、書面で「弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付でマネジメント契約を解消しました」と報告。これを受けて宮迫は翌20日に亮と会見を行い、「ギャラを受け取っていない」と虚偽報告したことから6月24日に謹慎処分を言いわたされたが、亮が「僕が辞めてもいいから会見させてほしい」と直訴したことで、岡本社長から恫喝(どうかつ)されたと主張した。