ORICON NEWS


菅田将暉が何者かを殴りつける… 純粋で過激な映画『タロウのバカ』予告編解禁

  • LINEで送る

映画『タロウのバカ』メインビジュアル (C)2019映画「タロウのバカ」製作委員会

 モデルで俳優のYOSHIが主演で菅田将暉と仲野太賀が出演する映画『タロウのバカ』(9月6日公開)の、メインビジュアルと本予告映像が12日、解禁になった。

【動画】菅田将暉たちの過激なシーンも切り取られた『タロウのバカ』予告編

 同作は、『第42回日本アカデミー賞』で主演の黒木華が優秀主演女優賞、樹木希林さんが優秀助演女優賞を受賞した『日日是好日』(2018年)のメガホンをとった大森立嗣監督のオリジナル脚本による最新作。3人の少年が10代の特殊な時間をもがきながらも疾走する姿が描かれる。

 主人公のタロウ(YOSHI)は名前も戸籍もなく、一度も学校に通ったことがない少年。そのタロウにも、エージ(菅田)とスギオ(仲野)という高校生の仲間がいて、それぞれの悩みを抱えるふたりはタロウとつるんでいるときは心が解き放たれる。3人は、空虚に感じていた町をあどけなく走り回り、奔放な日々に自由を感じている。しかし、偶然手にした一丁の拳銃を手に入れ、目を背けていた現実に向き合うこととなる。

 本予告の序盤では、金髪姿のエージやスギオがタロウとプールに飛び込んだり、ゲームセンターで遊ぶなど、10代ならではの青春を送る姿が切り取られている。しかし拳銃を手にすると、次第に暴走していく様子が。タロウは女性に拳銃をつかませ「撃てよ! 撃てよ!」と叫び、エージは金属棒で何者かを殴りつける。それでも、笑顔を絶やさない3人ならではの“世界”が映し出されている。