ORICON NEWS


池田エライザ、肩出しドレスで魅了 蜷川監督作品は「すごく生々しい姿を描いている」

  • LINEで送る

肩出しドレスで魅了した池田エライザ (C)ORICON NewS inc.

 女優の池田エライザが25日、都内で行われた『Netflixオリジナル作品祭』に参加。大胆な肩出しドレスで魅了した。

【動画】楽しげな撮影現場を明かした池田エライザ

 映像配信サービス「Netflix」で独占配信される写真家で映画監督の蜷川実花氏による完全オリジナルドラマ『Followers(フォロワーズ)』(2020年初頭)にエライザが出演。多様なライフスタイルの女性たちが登場し、SNS社会において直接的、あるいは、間接的に影響し合い生きていく姿と、現在のTOKYOのリアルを交えながら描く。中谷美紀演じる主人公・人気写真家の奈良リミと、エライザ演じる、女優を目指して上京してきた百田なつめとの出会いを中心に展開していく。

 エライザは「女優をやっている身で、女優の卵をやらせていただいている。中には、こんなせりふは悔しくて言いたくないな、と思うほど、すごく生々しい姿を描いている。観ているみなさんのためにナツメは転がり回っている」と実感を口にした。

 なつめの友人でレズビアンのアーティスト・サニー役のコムアイ、なつめとひょんなことから知り合いになるYouTuber・野間ヒラク役の上杉柊平、なつめとサニーのバイト仲間・ノリ役のゆうたろうといった同世代のメンバーが集結。クリエイター気質の面々が多く、蜷川監督は「自由すぎて(笑)。自由な人しかいない。すごい面白かった」と撮影時を振り返った。

 また、中谷は「本来は被写体でありながら、人生の観察者でありたいと思っている」とカメラマン役は喜びが大きいという。そして「カメラを通じて池田エライザさん、水原希子さんといったステキな被写体のみなさんを撮影できて幸せでした」と感慨深げだった。