ORICON NEWS


フジテレビ新人アナ、初の公の場 先輩から“目ヂカラ”イジりも…

  • LINEで送る

初の公の場で意気込んだ(左から)堀池亮介、藤本万梨乃(C)ORICON NewS inc.

 フジテレビ新人アナウンサーの堀池亮介アナと藤本万梨乃アナが25日、都内で行われた開局60周年記念『ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2019』制作発表に出席した。これが初の公の場となった堀池アナは「憧れだったオマツリ男アナの一員になることができ、イベントに関わることができて大変光栄に思います。熱く盛り上げていけるように一生懸命頑張ります」と緊張の面持ち。藤本アナは「堀池と私と今年は新人2名と少ないですが、先輩方の力を借りながらしっかりと盛り上げていきたい」と堂々と掲げた。

【写真】カウントダウン開始…巨大風船に騒然していたフジテレビアナウンサーら

 この日は、『お台場ワンガン娘'19』として山崎夕貴、竹内友佳、三田友梨佳、宮澤智、内田嶺衣奈、永島優美、小澤陽子、新美有加、宮司愛海、鈴木唯、堤礼実、永尾亜子、海老原優香、久慈暁子、井上清華、杉原千尋、藤本、『オマツリ男アナ』として榎並大二郎、立本信吾、木下康太郎、生田竜聖、酒主義久、木村拓也、大村晟、内野泰輔、藤井弘輝、黒瀬翔生、安宅晃樹、今湊敬樹、大川立樹、堀池ら同局アナウンサーが集結。

 センターを先輩・山崎アナから引き継いだ三田アナは「センターとして後輩たち、先輩も含めてみんなを引っ張っていけたら。なにより来てくださった方が笑顔で楽しんで頂けるように、センターとか関係なくみんなで盛り上げていけたら」と力強くコメント。

 榎並大二郎アナは昨年、恒例となった『和太鼓』パフォーマンスをすでに内定していた2人が見学していたことを明かし、「藤本さんはすごく笑いながら見ていたんですけど、堀池くんはずっと目ヂカラが…。一挙手一投足、来年俺は叩くんだって感じで」と紹介。自身と堀池アナが似ていることに触れ「目ヂカラが強いので。“堀池目ヂカラセンター”として頑張ってもらいたい」とさっそく堀池アナをイジって笑いを誘った。

 同社屋中心に行われる毎夏恒例イベントで、今年は7月27日から9月1日まで開催され、人気番組やアニメとコラボレーションしたブースや企画を実施。その世界観を一足はやく体感すべく会場には『サザエさん展 THE REAL』から波平さんの超リアルな等身大フィギュアが登場し、『お台場スポーツパーク』で実施されるスマートフェンシングを宮司アナと鈴木アナが対決するなど盛り上げた。

 なかでも人気番組『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』を体験できる『ドッキリGP presents 芸能人が本気で考えた!ドッキリやしき~スタンプラリーもあるよ~』の紹介では、司会の東野幸治と小池栄子から「その場でイベントのみどころを30個答える」と無茶ブリをされたアナウンサーたちの前で、巨大風船が膨らむというサプライズドッキリも。さらに、風船が破裂すると番組キャラ『赤ゾンビ』がいきなり現れるという二重ドッキリが行われたが、騒然とするのみの後輩たちに佐野アナは「みなさんもうちょっとリアクションしてくれるかな」と容赦ないツッコミで笑いを誘った。

 またテーマソング「TIME COASTER」を担当するDa-iCE(岩岡徹、大野雄大、花村想太、和田颯※工藤大輝は欠席)が登場。岩岡は「今まで3年連続『めざましライブ』に出演させていただいて、夏といえばフジテレビのイベント。今回「TIME COASTER」を背負ってイベントを盛り上げられたら」と意気込んでいた。