ORICON NEWS


渡辺謙が語る世界の俳優業「日本人としてのアイデンティティを持って人生も含めて役に乗せる」

  • LINEで送る

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』出演と世界での俳優活動について語る渡辺謙(写真:逢坂聡)

 日本が誇る世界的IPであるゴジラが、ハリウッド製作第2弾の超大作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』としていよいよ世界公開される。そんな本作には、世界で活躍する渡辺謙が前作に続き芹沢博士役で出演。渡辺にとってのハリウッドゴジラへの出演、世界で活動する日本人俳優としての矜持を聞いた。

【写真】特殊な衣装に身を包む渡辺謙、ハリウッドスタジオでのメイキング

■ゴジラが生まれた1954年と今、根底にあるものは不変

――今作はゴジラのほかにも、キングギドラ、モスラ、ラドンといった怪獣が登場しており、非常に迫力がありました。
【渡辺謙】今回は3体とも飛ぶ怪獣ですから、滑空する姿や飛び上がろうとする動作もなかなかの迫力がありましたよね。

――ゴジラがハリウッドで映画化され、渡辺さんの出演は2作目になります。
【渡辺謙】演じた芹沢は、未来に向けてゴジラという生物と共存すべきだと思っているけど、共存するには手に余るところもある。それはある種の漠然とした不安感といったもののシンボルだと思っています。人間の環境破壊を止めるためのスクラップ・アンド・ビルドとして怪獣が必要という意見と、一方、怪獣は人間には不要なものという意見の、ちょうど中間地点にいるのが芹沢という男だと思います。

――ゴジラが生まれたときに掲げられたメッセージは、今回のハリウッド版でも変わらない?
【渡辺謙】もちろん現代の生活や経済、社会構造は、当時と大きく変わっています。しかし、オリジナル版が生まれた1954年に日本が抱えていた問題は、今でも根底にあるものは変わっていない。逆に言えば、ハリウッド版がオリジナルを踏襲したことで、そうしたテーマ、問題みたいなものを現代にうまく映し出したと思っているんです。ただ単に怪獣映画というのではなく、日本のオリジナル版が持っていた、社会のなかの漠然とした不安感や、未来への揺らぎみたいなものは、ハリウッド版にもしっかり組み込まれています。

――芹沢猪四郎という名前は、オリジナル版の登場人物である芹沢博士と、本多猪四郎監督にオマージュを捧げたキャラクター。渡辺さんはそんな日本を代表する役柄を、日本代表として演じられています。
【渡辺謙】前作の時もですが、日本代表というよりも、この映画と観客の中間地点にいる意識です。外国から見ると日本の俳優が出演しているとなりますし、日本の観客にとってはハリウッド映画だけど、ちゃんと日本人も出演していると感じるでしょう。日本とハリウッドの橋渡しをするとか、そういったことまでは考えていないけど、この映画を観るうえでいい緩衝材になっている気はします。

――海外の観客にとっても、ゴジラをハリウッドで映画化することに反響はあったのではないですか?
【渡辺謙】たしかに前作は、不安と期待が入り混じったリアクションが大きかったんですけど、今作では「今度は何をやるんだ」という期待感を強く感じています。僕はLAで試写を観ましたが、身内ではありますけどエージェントの反応がとてもよかったです。きっとアメリカの観客も喜んでくれると思います。

――渡辺さんは今作をどう観ましたか?
【渡辺謙】前作からうまく繋げていると思いました。今作はベースになるのが科学者の問題。我々が最前線で戦いもするし、より悩み苦しむところがあるので、傍観者になれない。当事者になったのが非常におもしろかった。

■ハリウッドは世界中の才能を吸い上げる場所

――昨今では、日本の若手俳優でもハリウッド進出を目指す人が増えています。
【渡辺謙】僕は“進出”という言葉を使わないほうがいいと思っているんだなあ。なんだか壁を作っているような気がするから。ハリウッドという場所は、世界中の才能を吸い上げてしまう、ブラックホールみたいなところがあって。それはアジアに関わらず、ヨーロッパでも南米でもそう。才能があって意欲がある人はみんな吸い上げられていくわけです。だから進出するというよりも、吸い込まれて、飛び込んでいくところだと思うんです。もちろん吸い込まれたまま消えてしまう人もいるし、そういうことも含めて冒険になりますね。

――ハリウッドに吸い込まれて見えてきたことはありますか?
【渡辺謙】おかげさまでそこそこ打率が良い作品に巡り合っていますので、そういう意味では楽しませてもらっています。ただ僕としては、ハリウッドでも日本でも場所がどこであれ、バランスといったことは考えていません。とにかく自分が興味を持ってやりたいと思った作品に取り組む。僕のなかでは垣根はありません。結果的に、今は日本と海外が6:4くらいですが、舞台も含めると全体では半々ぐらい。最終的に自然とバランスが取れていますね(笑)。

――昔から世界に打って出ようという意識はあったんですか?
【渡辺謙】まったくなかったですね。僕の世代では無理だと思っていましたから。たまたまそういう機運に恵まれて、僕が呼ばれたタイミングが良かったんだと思います。そのムーブメントは、刻一刻と変わっていく。僕が海外に出始めた頃から日本はちょっと下火になって、代わりに韓国や中国、南米の人たちがワッと行くようになっていきました。でもここ最近は、アジアに対する比重が変革しているように思います。意識してアジアの俳優を使うということではなく、アジアの俳優をキャスティングするのが普通になっている。やはり映画は社会を映す鏡みたいなところがありますから。それがキャスティングに反映されていると思います。

――海外志向を公言する日本の若手俳優にとっては、チャンスも増えていると。
【渡辺謙】もちろん口に出すのはいいことだけど、それよりもどんどん行けばいいと思うんですよ。俳優だけではなくて、監督や脚本家、撮影、照明、音響とかスタッフも海外に出て、世界標準のスキルを吸収して戻ってきてほしい。そういうことがないと、本当の意味での日本映画の底上げにはならない。もちろん今のままだって日本映画の良さはあるんだけど、テクノロジーが時代を変えていきますから、もっと外と交流をして、ノウハウを吸収してほしい。

■ハリウッド俳優にはなれない、なるつもりもない

――日本と海外の差をどこに感じますか?
【渡辺謙】映画館で予告編を観ても、画の違いがわかるじゃないですか。でもそれは単なる制作費の問題ではないような気がするんです。その辺の違いを学び取って、違うエッセンスが入ってくると、日本映画の枠がもっと広がっていくと思います。

――企画としてはどうですか? 日本はとくにメジャー作品では漫画実写化など似たような企画が多いように見えます。
【渡辺謙】基本的にリスクを避けたいんでしょうね。いいお話であれば、たとえば50代の恋愛ものでも観客は入ると思います。たしかにハリウッドでもそういう映画の数は多くはないけれど、それでもちゃんと作られている。もっと発想豊かに、実際の人生で起こることをドラマにできないかと思っているところはあります。

――ハリウッドでは、出演料を興行収入からの割合で受け取るスタイルのスターも多いと聞きます。
【渡辺謙】やはり映画会社としても、リスクを低くするために最初のギャランティを抑えて、バックエンドで回収するというのは1つの手法としてあります。それはとてもフェアだと思います。俳優側もヒットさせるためにプロモーションに励むし、撮影時の向き合い方も違う。ただ日本の映画界では、なかなか昔からの慣例を崩すのは難しい。契約の1つの形として、日本でもあっていいとは思っていますけど、簡単ではないですね。

――日本でも俳優組合が必要とする声もあります。
【渡辺謙】もちろん必要だと思います。ただ、アメリカでも悩ましいのは、組合でいろいろなことが保護されるのはいいんだけど、上層の10%とその他の90%がまったく違うレベルで組合に依存しているところ。また低予算の映画は、組合から外れておかないと撮影までこぎつけられない。でも労働環境は守られますから、それは必要なこと。組合にも功罪両方あると思います。

――今は自動翻訳も進化していますが、ハリウッドで活躍するためにはやはり語学力は必須でしょうか?
【渡辺謙】実はあまり関係ないんです。セリフはスクリプトが送られてくるし、ダイアローグ・コーチと次はこういう感じと相談して、それをトレーニングするだけの話なので。英語といっても基本はツールなんです。それよりも俳優としてのスキルの方がよっぽど重要。過酷な現場や、なかなか集中できないような環境でも常に良いポテンシャルを提供する、ということの方が大事です。

――世界を目指す後進へのアドバイスをお願いします。
【渡辺謙】なんでもいいからまず世界に出ればいい。行ってみたら足りないところも見えてくる。そうすると、日本で仕事をするにしても考え方が変わる。どんなツテをたどってでも行ってみることだと思います。

――渡辺さんは『ラストサムライ』が転機になったと思います。そこから海外志向が生まれたのでしょうか。
【渡辺謙】逆でしたね。むしろ日本の仕事をちゃんとやらないとダメだと感じました。たとえば、日本アカデミー賞をいただいたりすると、アメリカのエージェントがすごく喜びます。自国でしっかり評価されている俳優なんだと。外国の映画賞にノミネートされると日本の観客に喜んでもらえますが、その逆もあるんです。僕は常に日本人としてのアイデンティティを持って、僕の人生も含めて役に乗せていくことが僕の存在意義だと。僕のなかにあるベーシックな人生観は、今の僕が持っているものしか出せない。だから僕はハリウッド俳優にはなれないですし、なるつもりもないんだなあ。
(文/壬生智裕、撮り下ろし写真/逢坂聡、ヘアメイク/筒井智美(PSYCHE)、スタイリスト/馬場順子、衣装/BRUNELLO CUCINELLI)