ORICON NEWS


吉田羊『世にも奇妙な物語』初主演 親子愛描いたファンタジー「ぞわわっとなります」

  • LINEで送る

土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ‘19雨の特別編』内オムニバスドラマ『しらず森』に主演する吉田羊 (C)フジテレビ

 女優の吉田羊が6月8日放送のフジテレビ系スペシャルドラマ『世にも奇妙な物語 ’19雨の特別編』(後9:00)内オムニバスドラマ『しらず森』で同シリーズ初出演にして初主演を果たすことがわかった。乾緑郎氏による集英社文庫『思い出は満たされないまま』所収された『しらず森』を映像化。吉田は一緒に出かけた森の中で突然、息子がいなくなり、必死に探す母親役を演じる。誘拐なのか、神隠しなのか…。不思議な森で起こった不思議な出来事に家族の愛があふれ出す物語だ。吉田の夫には長谷川朝晴、息子役には髙橋來が起用された。

【場面カット】家族愛のあふれる不思議な物語

 物語の主人公は仕事ばかりで家族の事を顧みない夫との夫婦仲がうまくいかず、息子を連れて実家に帰っている遥子(はるこ)。遥子は小学校の同窓会に参加し、そこで30年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こす事に。何を埋めたか全く覚えていないタイムカプセルを息子の尚之(なおゆき)と一緒に持ちかえるその帰り道、同窓会で幼い頃の思い出話をしていた遥子は昔よく遊んでいた森を思い出す。

 そして、尚之と一緒にその懐かしい森の中に入っていくと尚之が足を滑らせてどこかへ消えてしまう。森の中には尚之の帽子と先ほど掘り起こしたタイムカプセルが残されていた。遥子は夫とともに尚之を必死に探すが、いっこうに見つかる気配がない。そんな中、ふと目に付いたタイムカプセルを開けてみるとそこには信じられないものが入っていて…。不思議な森へ迷い込んだ家族がみつけた真実とは? 心温まる不思議なストーリーを描く。

 吉田は「昔から楽しみに見ていた番組なので、オファーをいただき、とてもうれしかったです。見るたびに、なるほどこんな“奇妙”があったかと驚かされてきましたから…。今回も視聴者の皆様を物語にがっちり巻き込めるようがんばります」と意気込みを語る。その上で、この作品は「ホラーではない、まさに“奇妙な”物語」と紹介。「主人公と共に混乱しながら、最後は、じーんと胸が熱くなりました。こんなファンタジックな体験を1度はしてみたいです」と憧れていた。

 注目のシーンについては「“たねあかし”のシーンはぞわわっとなります。お楽しみに」と期待を煽り、「令和最初の“奇妙な”世界、子供の頃に戻った気持ちで、楽しんでくださいませ」と呼びかけている。