ORICON NEWS


中山美穂、不貞を働く妻を熱演「とにかく笑える内容で、切ない」松尾スズキ監督映画で

  • LINEで送る

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』に出演するキャスト陣 (C)2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会

 俳優・松尾スズキが監督・脚本・主演を務めるR18指定の映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(今秋公開)に、中山美穂や前クールの日本テレビ系ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』でブレイクを果たした堀田真由らが出演することが16日、発表された。

【写真】『3年A組』コンビ、福原遥とUSJデートを楽しんだ堀田真由

 松尾が主宰する「大人計画」は1988年に舞台『絶妙な関係』で旗揚げされ、宮藤官九郎や阿部サダヲなどのメンバーとともに活動を展開してきた。その次なるプロジェクトとして同映画の制作が決定。中山、堀田のほかに、岩井秀人、秋山菜津子、坂井真紀、大東駿介、土居志央梨、栗原類、LiLiCoらの出演が決定した。

 物語は、脚本家として成功を収めた海馬五郎(松尾)が主人公。ある日、元女優で妻の綾子(中山)の浮気をSNSで知る。その投稿を見た海馬はあまりのショックに離婚を考えるが、財産分与で資産の半分を支払うことがわかり、さらに大激怒する。妻の不貞に払わければいけない1000万円を、自らの不貞で使い切ることで復讐を決意。綾子の写真について108の“いいね!”に湧き上がる怒り。その数だけ女を買いまくる、煩悩丸出しの復讐劇が描かれる。

 綾子を演じる中山は「楽しくて仕方のない現場でした。松尾スズキは穏やかに強い信念を持ち、激しく演じていらっしゃいました。とにかく笑える内容で、そして切ない。私に演らせていただけたことに感謝しています」と松尾との共演を喜んだ。岩井は「『コンプライアンス』を気にするご時世に、“よくぞこんな映画を作った!”と言われるでしょう」と松尾の挑戦に敬意を払った。秋山は「なかなか変わった役柄を与えてくださいまして楽しかったです」と笑顔。「『この映画を秋山さんの代表作にしてくださいね』と松尾監督に言われたんですけど、うれしいようなちょっと複雑な気分。でも、こんなに潔くかっこいい映画に出演できた事は“誇り”です」とコメントしている。