ORICON NEWS


シリアスな撮影現場をなごませた松重豊の『孤独のグルメ』現象

  • LINEで送る

松重豊=『連続ドラマW 悪党~加害者追跡調査~』完成披露試写会 (C)ORICON NewS inc.

 WOWOW『連続ドラマW 悪党~加害者追跡調査~』の完成披露試写会が25日、都内の劇場で行われ、主演の東出昌大、松重豊、新川優愛、青柳翔、瀬々敬久監督が舞台あいさつを行った。犯罪ドラマということもあり、「現場がシリアスだっただけに、かたい話ばかりですみません」と東出が恐縮した中で、鉄板の笑いを誘っていたのが松重の『孤独のグルメ』ネタだった。

【イベント写真】東出昌大、新川優愛らも登壇

 本作が連続ドラマ初主演となった東出は、姉を殺されたトラウマをかかえる元刑事の探偵・佐伯修一、松重はその探偵事務所の所長・小暮正人をそれぞれ演じていることから、「もし、探偵に調査を依頼するなら?」という話題に。松重は「おいしい店を教えてもらおうかな。それくらいしか浮かばないんですけれど。おいしいパフェの店とか。探偵に金を払って調べてもらうほどのことでもないか」とコメント。

 これに東出が「スタンバイ部屋で松重さんが差し入れのお菓子を食べながら『これ、おいしいな』とつぶやいたのを、板谷(由夏)さんと聞いていて、『おっ、いまの!』って顔を見合わせてしまって。まさしく“孤独”のソレで。別日に篠原(ゆき子)さんも松重さんの『おいしい』というのを聞いて、うわぁぁっという顔をされていて、わかるよ、気持ちわかるよ、ってやりとりがありました」と楽しげに語り、今日イチの盛り上がり。

 松重は「現場においしい差し入れがないか、ってことしか考えてないんだな」と照れくささそうに笑っていた。

 そんな松重をヒヤヒヤさせたのが瀬々監督。同ドラマは、犯罪加害者の現在の状況を調査することになった探偵たちが、自らの過去と忘れることのできない犯罪のその後に向き合い、葛藤するさまを描いたもの。

 松重が「この人は、いい人だろうか、悪い人だろうか、と単純に考えていると、小さな解釈でしか成り立たない。善人に見えるけどダークな一面もある。(瀬々監督は)人間、誰しもが持っているダークサイドをえぐっていく(演出をする)ので、果たしてこの人はどういう人なんだろうか、というのはお客さんに考えてもらえばいいと思って。現場では何も考えずに監督の指示通りに動いている。ほかの人が見てどう見えるか。演技としてはそれでいいと思う」と、瀬々監督の現場は「刺激的」とほめたつもりが、本人からまさかの疑いの目が向けられることに。

 「本当にそんなこと思っているのか、と。おいしいそうに食っているが本当においしいのか、と。某番組のことですが」と、言い出した瀬々監督に、松重は「また、失礼なこと言うなぁ、もう。本当に悪党になりますよ」とクレーム。「監督もこう見えて、すばらしいのか、インチキなのかわからない。このドラマも一筋縄ではいかない登場人物がたくさん出てきて、そういう人たちが織りなすドラマは見応えあると思いますね」と作品をアピールにつなげていた。