ORICON NEWS


黒羽麻璃央、初の“2.5次元花婿”に緊張「結婚式は特別な日にしたい」

  • LINEで送る

「プレ花嫁」キャンペーンサポーターとして自身の結婚観を披露した俳優の黒羽麻璃央 撮影:若狭健太郎 (C)oricon ME inc.

 俳優の黒羽麻璃央が26日、カネボウ化粧品「DEW ブライトニング美白」発売記念イベントに登場。「プレ花嫁」キャンペーンサポーターとして自身の結婚観を披露した。

【写真】どこの王子様?純白の花婿衣装がハマりすぎの黒羽麻璃央

 「プレ花嫁」とは結婚式の予定がある女性のことを指す造語。本キャンペーンは「プレ花嫁」を対象とし、結婚式までにドレスに映える美肌を目指したい女性を応援するという内容だ。

 黒羽はウエディングテーマやスポットライトという華々しい演出の中、「プレ花嫁」の花嫁美容を応援する“2.5次元花婿”として登場。会見では自身の結婚観やプロポーズなど、普段は聞けないようなスペシャルトークも披露した。

 昨年の大晦日、ミュージカル『刀剣乱舞』に出演する刀剣男士として『第69回NHK紅白歌合戦』に出場した黒羽は、「仕事柄、いろんなキャラクター、いろんなファッションに変身して皆さんの前に立たせてもらう機会は多いのですが、“2.5次元花婿”というのは初めてだし、すごく大事な時に着用するものなので緊張します。でも、キラキラしているし、気持ちもすごく上がります」と、初の花婿衣装についてコメント。

 さらに司会者から「未来の花嫁のイメージ」について聞かれると、「結婚式は女性が一番輝く瞬間。そこに向けて努力してくれるのは花婿としては嬉しい」と未来の花嫁を妄想しながら笑顔で答える姿が印象的だった。

 そんな“黒羽流”のプロポーズは「そのとき持てる力を出しきって、一生覚えていてもらえるような演出にしたい」と力説。続けて「ベタかもしれませんが、良いお店で良い格好をして、日常じゃない特別な日にしたいです」と語り、会見を終えた。