ORICON NEWS


「アニメ聖地88」1番札所が飯田橋に 『SAO』の剣や電撃文庫ヒロイン25人がお出迎え

  • LINEで送る

『電撃文庫』ヒロインたちがお出迎え (C)ORICON NewS inc.

 人気アニメのゆかりの地を観光資源として活用し、訪日観光客の誘致促進を目指す「アニメツーリズム協会」。昨年10月にアニメの舞台やモデルなどになった場所を選定した「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年度版)」を発表してきた。その「アニメ聖地88」を国内外のファンに巡っていただく拠点として、東京・飯田橋に1番札所を開設する運びとなり、きょう21日にオープニングセレモニーが行われた。

【写真】『SAO』に登場する剣の実寸サイズ展示やパネル展示も

 番札所は東京都庁の「88番札所」、成田空港の「0番札所」がすでにあり、1番札所は、「アニメ聖地88」を一同に紹介する大型パネルや各アニメ聖地の地域情報を発信する場の常時展示に加え、期間限定の企画展も行う予定。その第1弾として企画展「電撃文庫25周年×アニメツーリズム協会 春のスペシャル展示会」を開催することが決定した。

 企画展は現在放送中のアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』に登場する「夜空の剣」「青薔薇の剣」の実寸サイズの展示、『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』などのパネル展示。そのほか『エロマンガ先生』『とある魔術の禁書目録』ら電撃文庫のヒロインたち25人が、パーティードレス姿で出迎え、グッズの販売もしている。

 『ガンダム』シリーズの監督で知られる同協会の富野由悠季会長は「外国から多くのアニメファンが日本に訪れてきている。増えてきたことにより、一部では観光公害が起きており、協会としてどうするかと考えた時に、方針としてなるべく日本各地に広く行き渡るようにしたい野心がある」と語った。

■1番札概要
場所:東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル2F
営業時間:午前11時から午後6時(22日のオープンは午後1時より営業)
定休:火曜日(企画展開催期間以外は火曜日、土曜日、日曜日)
展示内容:「アニメ聖地88」情報、認定プレート、ご朱印、企画展
入場無料