ORICON NEWS


大杉漣さん一周忌 生前最後の密着取材で見せた“現場者”の顔 秘蔵映像公開

  • LINEで送る

撮影中、小道具のギターを手にする大杉漣(C)ORICON NewS inc. (C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会

 昨年2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)。亡くなる前日、ORICON NEWSでは、ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活をしたら~』(テレビ東京・2018年2月放送)の撮影現場で密着取材を行っていた。その翌日、突然、飛び込んできた大杉さんの訃報。取材映像の配信は控えるという判断をとったが、一周忌を迎えるにあたり、大杉さんの事務所や共演者・関係者の方々のご理解、承諾を得て、公開する運びとなった。「大杉漣」の生き生きとした“現場者”としての表情を収めた映像とともに故人を偲び、追悼と哀悼の意を表したい。

【密着動画】バイプレ現場で撮影を楽しんでいる大杉漣さん

 当初の取材プランでは、ドラマの撮影風景、出演しているバイプレメンバーを取材していき、ドラマの魅力を紹介する動画にまとめる考えだった。本番以外でも、大杉さん、遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さんの5人は、自然とひとかたまりになって談笑していた。その中心にいたのは、大杉さんだ。笑いのタネは大杉さんが発し、皆が大笑いをしている。その姿は、まるでガキ大将のように周囲を明るくさせ、自身もそれを大いに楽しんでいるようだった。時折、大杉さんは1人で砂浜に移動して海を眺めたり、小道具として置かれているギターを手に取って弾いてみたり。みんなといる時とは違う一面も垣間見せた。

 ドラマにも出てきた「大杉漣記念館」の実現を願う多くのファンの声に応える形で、2月20日午前0時にWEBサイト『大杉漣記念館 ohsugi ren official archive』がオープン。「応援してくださっているファンの方はもちろん、初めて、もしくはこれを機に大杉漣に出会ってくださる方々に向けてアーカイブ的なデータベースを役割と、大杉漣の作品を通して様々な監督や俳優、アーティストに出会っていただきたいという、人と人をつなげるサイトになればという願いもあります」と開設の経緯を説明している。

 誰からも愛され、誰よりも現場を愛した大杉さんの、在りし日の姿を偲びたい。

■ウェブサイト『大杉漣記念館 ohsugi ren official archive』
https://ohsugiren.com
ツイッター(@OKinenkan)