ORICON NEWS


『刑事ゼロ』瀧本美織、沢村一樹に「おっさん子どもーっ!!」と一喝

  • LINEで送る

木曜ミステリー『刑事ゼロ』第7話(2月21日放送)より。時矢(沢村一樹)と智佳(瀧本美織)が大ゲンカ(C)テレビ朝日

 俳優の沢村一樹が主演するテレビ朝日系木曜ミステリー『刑事ゼロ』(毎週木曜 後8:00)が好調だ。1月10日に放送された初回2時間スペシャルは、番組平均視聴率14.7%を獲得し、『木曜ミステリー』枠の新シリーズ初回の歴代最高視聴率を記録。2月14日放送の第6話までの平均視聴率12.3%は1月スタートの民放ドラマのトップを走っている(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】仲良く餅をつく沢村一樹と瀧本美織

 人気の秘密は、沢村ふんする“記憶を失くした刑事”時矢暦彦が、ズバズバ解決していくストーリーが第一にあるが、時矢が記憶喪失であることを周囲にバレないように、瀧本美織ふんする佐相智佳がフォローするのだが、記憶というタガが外れて自由奔放になってしまった時矢と、真面目一徹な佐相の凸凹コンビも評判がいい。

 ところが、21日放送の第7話では、時矢と智佳が大ゲンカ。コンビ解消に発展しそうな暗雲立ち込める中、東京、京都、仙台で同時発生した、不可解な自殺の謎に挑んでいく。

 記憶を失う前とは打って変わってだらしがなく、デスクの片付けすらできなくなった時矢に、智佳は怒りを爆発させてしまう。今のがさつさは、ただの“老けた子ども”だと注意し、挙句の果て、「おっさん子ども~!!」と一喝。これには、時矢も「…お、お、おっさん子ども…!?」と猛反発し、「もう勝手にやるからね! どうせ、オレは“おっさん子ども”なんだから!」とまさかの逆ギレを見せる。

 この大ゲンカシーンの撮影では、沢村と瀧本が絶妙な掛け合いを披露。息の合ったアドリブ合戦を繰り広げ、カットがかかった瞬間、スタジオ中が大爆笑に包まれたという。

 時矢は捜査協力を持ちかけてきた警視庁刑事と共に同時自殺事件の真相究明に乗り出し、一方の智佳は同僚の内海念也(横山だいすけ)と共に、連れ去り事件の捜査へ。時矢にとって、智佳は記憶を失う前の“ビフォー時矢”が扱った事件や人間関係をすべて知り尽くした、いわば“外付けHDD”的存在。ずっと頼りにしてきた智佳と決別した時矢は、不可解な同時自殺の真相を突き止めることができるのか!?