ORICON NEWS


日向坂46、改名は歓迎「メジャーに出ていく上で必要」武器は“温かさ”

  • LINEで送る

けやき坂46改め「日向坂46」のメンバー(左から)佐々木美玲、齋藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、柿崎芽実、佐々木久美

 欅坂46の後輩グループ・けやき坂46(通称ひながなけやき)が11日、配信サービス「SHOWROOM」で生配信を行い、グループ名を「日向坂(ひなたざか」)46」に改名することが発表された。イメージカラーは空色。配信後の囲み取材では、「みなさんの心を温かくしたい」「メジャーに出ていく上で必要」と改名を歓迎し「けやき坂46の時は、乃木坂46さん、欅坂46と比べて、私たちの武器は何か」と葛藤する時期もあったと語った。

【写真】3月27日にシングルデビューも決定した「日向坂46」

 配信の終盤、サプライズで謎の封筒が届けられると、メンバーは悲鳴をあげて戦々恐々。VTRが放送され、これまでの活動を振り返りながら、新たなグループ名として「日向坂46」となることが発表。メンバーは驚きながらも涙を流しながら喜びあった。

 その直後に行われた囲み取材で、佐々木久美は「日向坂と聞いた時は、温かい雰囲気を感じました。かわいい名前だし、グループカラーとなった『空色』も空まで高く飛べるようにという意味もあるそうなので、日向坂46として名前を背負って頑張りたい」と意気込み。

 佐々木美玲は「乃木坂46さんは清楚で、欅坂46は迫力という武器がある。私たちは『何が武器になるんだろう』と、悩む時期があった。普通の女の子ができないような活動をしてきた。楽しい気持ちが強いのですが、先輩たちがテレビで活躍している姿を見て葛藤もありました」と結成3年の間での悩みを告白した。

 続けて「日向坂46という名前を聞き、みなさんが私たちを見て『温かくなってもらえるのが武器になるのでは?』と思っているので、温かさを武器にこれから頑張って行こうと思います」とさらなる飛躍を誓った。

 メンバーが驚く中、齊藤京子は“改名”が一番の夢だったそうで「これからメジャーに出ていく上で、けやき坂46という名前もすてきですが、欅坂46さんと混乱しちゃうと思っていて…。『欅坂46』として(テレビ)出演する時は、私たちは絶対に呼ばれない。なんか、名前で引っかかって、『いいや~』となっていたのが悲しかった」と、メンバーと裏で名前について話し合った過去があると明かした。

 この日は「5つの重大発表」として、(1)3月27日に単独シングルデビュー、(2)デビューシングルが「メチャカリ」のタイアップ、(3)「デビューカウントダウンライブ」の開催、(4)単独オフィシャルサイトの開設、(5)デビューカウントダウンライブのチケット先行予約決定、が続々と発表。改名は6つ目のサプライズで発表された。

【※記事初掲時に齊藤京子さんの発言を柿崎芽実さんの発言として紹介しておりましたので、訂正いたしました。柿崎さん、齊藤さん、読者の皆様、関係各位の皆様にご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした】