ORICON NEWS


稲垣吾郎×二階堂ふみ、手塚治虫のアダルトマンガ『ばるぼら』映画化でW主演

  • LINEで送る

映画『ばるぼら』主演の稲垣吾郎(右)、二階堂ふみ(左)、手塚眞監督 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の稲垣吾郎(44)が20日、都内で行われた映画『ばるぼら』(来年後半公開予定)制作発表会に出席した。伝説の漫画家・手塚治虫による禁断のアダルトマンガを初の実写化。稲垣は主人公の売れっ子耽美派小説家を演じ、謎めいたヒロイン・ばるぼら役に二階堂ふみ(24)がW主演として起用された。監督として手塚治虫の実子でもある手塚眞氏(57)がメガホンを取る。会見には稲垣のほか、二階堂、手塚監督が出席した。

映画『ばるぼら』海外版キービジュアル

 愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなどタブーに切り込み、独特な世界観から「映像化不可能」と言われてきた今作は、“ばるぼら”という名前の謎の少女(二階堂)に翻弄された小説家・美倉洋介(稲垣)のエロティックで奇怪な経験を描く大人のファンタジー。ウォン・カーウァイ監督作品を手がけたクリストファー・ドイルが撮影監督を務め、日、独、英の共同制作作品として実写化する。なお、舞台は70年代から現代に変更される。

 手塚監督から「すごく手塚漫画が似合う2人」と絶賛された稲垣は「手塚作品で育ってきたようなものなので光栄なこと。こういう『ばるぼら』のような作品で初めて映画で演らせていただくのは、自分にとって新しい挑戦。今のこのタイミングでなければ演じられない役なのかなと、感慨深いものがある。愛がむきだしになった僕をみなさんに楽しんでいただけるのでは」と自信を込める。

 自堕落なフーテン女・ばるぼらを演じる二階堂について、初共演の稲垣は「初めてスクリーンで見た時は衝撃が走りました。いつかご一緒できればと思っていた女優さんだったので良い体験だった。二階堂さんならではの“ばるぼら”を演じてくださって、原作とは違った印象、存在しているようで存在していない、夢だったと思わせてくれるような、もうばるぼらに会えなくなっちゃうのかと思うように寂しくなる。二階堂さんの演技で表現して僕を引っ張ってくれたので感謝していす」と信頼を寄せた。

 一方、二階堂は稲垣について「物心ついたときからテレビで拝見させていただいていた。稲垣さんは文学を感じる方。難しい本を手にとったときの感覚。知りたいと思うし、そこに自分が追いつけていない、未熟さや大人になりきってない部分を感じさられるような方。すごく勉強になることもありましたし、お芝居を一緒にさせていただくと、自分のなかに眠っているばるぼらのようなものを起こされるような方でした」と尊敬の眼差しを送ると、稲垣も「光栄です」とほほえみを返していた。

 ヴェネチア国際映画祭デジタルアワード受賞『白痴』や『ブラックキス』を手がけた手塚監督だが、海外映画祭への出品予定には「映画祭を目指すために作った作品ではないですが、できる限りいろいろな国の方に観ていただきたいと思っておりますし、そのきっかけが得られるのであればなんでもチャレンジしたい」と含みをもたせる。「かなり深い内容でもございますし、決して口当たりのいい作品ではないかもしれません。最初はこの味はなんだろうと不思議な味だと思いますが、よく味わえばみなさんを夢の世界に連れていくことができるだろうと思います」と手応えをにじませた。