ORICON NEWS


乃木坂46・西野七瀬と若月佑美の卒業シングル 通算2作目の初週ミリオン突破

  • LINEで送る

乃木坂46のシングル「帰り道は遠回りしたくなる」が11/26付オリコン週間シングルランキングで1位

 乃木坂46の22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」が、初週106.3万枚を売り上げ、11/26付オリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得した。「シンクロニシティ」(4月25日発売)に続き、通算2作目の発売初週100万枚超えとなった。また累積売上では、昨年の「インフルエンサー」(2017年3月22日発売)から6作連続でミリオンを突破。シングル1位獲得数は、「おいでシャンプー」(2012年5月2日発売)から通算&連続21作目となった。

【写真】デビュー当時の初々しい西野七瀬

 本作は、グループからの卒業を発表しているメンバー・西野七瀬と若月佑美が参加するラストシングルで、センターはグループ最多の7度目となる西野が務めた。キャプテンの桜井玲香は、「卒業や別れをテーマにした歌詞ではありますが、明るいサウンドになっていて、新しい世界へ一歩踏み出す勇気や心強さを共感してもらえるとなお嬉しいです」とアピールした。

 また、新しい世界へ踏み出す勇気を与えてくれる楽曲で、ミュージックビデオでは偶然によって変わる2通りの人生を西野が演じるストーリー仕立てになっている。「偶然が重なって人の人生は変わっていく」ということをコンセプトにしており、「これまでにあった乃木坂46のエピソードをモチーフにしたシーンがいくつか入っているので、楽しんで観て頂ければと思います」(桜井)と乃木坂46の活動を振り替えれる内容となっている。

 さらに、本作をもって卒業する西野と若月に対し、桜井は「これが一緒に作る最後の作品になるんだなぁと思うと、寂しい気持ちでいっぱいでしたが、グループを卒業して新しい道を選んだ2人を応援していきたいと思っています」とエールを送った。

 来月12月1日には中国・上海メルセデス・ベンツアリーナで、グループ初の海外単独公演『NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2018』が開催される。

■桜井玲香(乃木坂46キャプテン)より喜びのコメント

――最新シングル「帰り道は遠回りしたくなる」が通算2作目の初週ミリオンを記録し、初登場1位を獲得されました。今のお気持ちをお聞かせください。
【桜井玲香】 メンバー一同、本当に嬉しく思っています!応援して頂いているファンの皆さん、私たちを支えてくださっているスタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです!

――今作の聴きどころ、ミュージックビデオの見どころをお聞かせください。
【桜井玲香】 卒業や別れをテーマにした歌詞ではありますが、明るいサウンドになっていて、新しい世界へ一歩踏み出す勇気や心強さを共感してもらえるとなお嬉しいです。またミュージックビデオでは、「偶然が重なって人の人生は変わっていく」ということがコンセプトになっていますが、これまでにあった乃木坂46のエピソードをモチーフにしたシーンがいくつか入っているので、楽しんで観て頂ければと思います。

――西野七瀬さん、若月佑美さんが参加されるラストシングルとのことですが、レコーディングやミュージックビデオ撮影はいかがでしたか。思い出やエピソードなどをお聞かせください。
【桜井玲香】 特にミュージックビデオの撮影では、これが一緒に作る最後の作品になるんだなぁと思うと、寂しい気持ちでいっぱいでしたが、グループを卒業して新しい道を選んだ2人を応援していきたいと思っています!

――2018年もあとわずかですが、来月の初単独海外公演や、年の瀬の音楽特番などまだまだ大忙しです。年末にむけての意気込みをお聞かせください。
【桜井玲香】 中国・上海での単独公演を楽しみにしていますし、体調だけは充分気をつけて、残りの2018年を全力で駆け抜けていきたいと思っています。応援、宜しくお願い致します!!