ORICON NEWS


堤下敦、復帰後初舞台が決定「丁寧に全力で頑張りたいと思います」

  • LINEで送る

復帰後初の舞台『悪夢のエレベーター』への出演が決まった堤下敦 (C)ORICON NewS inc.

 先月23日から活動を再開しているお笑いコンビ・インパルスの堤下敦(41)の復帰後初の舞台が『悪夢のエレベーター ~新宿2丁目Ver~』に決まった。2007年に堤下主演でドラマ化もされた作品での復帰に「謹慎明け1つ目のお芝居です。丁寧に全力で頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

【写真】額の汗は相変わらず 1年ぶりの舞台を終えた堤下敦

 どんでん返しの連続で話題になった木下半太氏の30万部の小説『悪夢のエレベーター』(幻冬舎文庫)が新宿2丁目バージョンとして舞台化。深夜、エレベーターに閉じ込められた赤の他人の男女たち。追い詰められた状況の中、全員の秘密が暴露され、ついに事件が起き…、という内容となっている。07年にフジテレビでドラマ化され、堤下も出演した。

 脚本は『悪夢のエレベーター』の登場人物のモデルとなったマッキー。新宿2丁目で店を構える現役オネエであり、現在は恋愛相談を中心としたライターとして活動している。原作・演出は昔からマッキーと親交の深い原作者の木下氏が担当し「俺の小説をマッキーにメチャクチャにしてほしい!」と熱望している。

 堤下は浮気場所から出てきたばかりの小川を演じる。木下氏は「今回の小川役に、器用そうで不器用な、誰しもが抱える欲望や罪悪感、心の傷を表現できる役者を探していた。コメディーのシーンも多いので、堤下さんのキレ味のいいツッコミでテンポを作っていきたい!」と話す。オファーの経緯については「堤下さんは、ドラマ版の小川役にも出演してもらい、時間が経っている分の人間の幅も見たくてオファーさせてもらいました。久しぶりに会いたかったし(笑)」と振り返った。

 そして「笑いはもちろんだけれど、日々、生きづらさを感じている人にほんの少しの勇気を与えることができると思ってます」と舞台の完成度を語り「今回の舞台のコンセプトは、『実力があるのにくすぶっている役者に、夢を。』。あえて無名やキャリアの浅い役者をキャスティングしたり、クラウドファンディングなどに挑戦したいので、ぜひ胸を貸してあげてほしいです!」と堤下への期待感を口にした。

 無期限の謹慎から10月に復帰し、14日に劇場復帰した堤下は「このたびは皆様にご迷惑をおかけしてすみません。謹慎明け1つ目のお芝居です。丁寧に全力で頑張りたいと思います」と意気込み。「自分とリンクしてるようなしてないような。感情のコントロールが上手いのか下手なのか分からない、役どころになると思います」と小川について説明した。

 ドラマ版ではプロデューサーがATP賞テレビグランプリ新人賞を受賞するなど高い評価を得ていた。「この『悪夢のエレベーター』は11年前にテレビドラマでやらさせていただき賞も取れた作品です。とても思い入れのある作品で台本もとても面白いです」と作品の思いを語り「芸人活動以外でも、いろいろなことに挑戦したいと思った気持ちの1つ目の舞台です。とにかく自分も楽しみつつ、お客様を楽しませたい気持ちでいっぱいです」と力強くコメントしていた。

 舞台『悪夢のエレベーター』は12月4日から9日まで、東京・中野のテアトルBONBONで上演される。

■舞台『悪夢のエレベーター』出演者
堤下敦、白石拓也、西郷豊
立山誉、保土田充、田北良平、三橋愛永、三橋栄香
十条太助、中山佳祐、関美恵子、長瀬貴博、山川真生