ORICON NEWS


【紅白】DA PUMP、16年ぶり返り咲き ISSA感慨「なかなかない」

  • LINEで送る

『第69回NHK紅白歌合戦』出場者発表会見に出席したDA PUMP (C)ORICON NewS inc.

 『新語・流行語大賞』にノミネートされた“ダサかっこいい”「U.S.A.」が大ヒットした7人組ダンス&ボーカルグループ・DA PUMPが16年ぶりに紅白返り咲きを果たし、出場者発表会見に出席した。

【紅白特集】出場者一覧 会見のフォトギャラリーも

 デビュー2年目の1998年から2002年まで5年連続で出場し、「Rhapsody in Blue」「We can't stop the music」「if...」などを披露してきたが、2014年に現行の7人体制となってからは初出場となる。

 唯一のオリジナルメンバーとなったリーダーでボーカルのISSAは「16年ぶりに出場させていただくこということで、この場所は2回目。なかなかないということで、本当にうれしく思います。メンバーが変わって6人がこの舞台に立てることがうれしい。せいいっぱい自分たちができるパフォーマンスをやらせていただきたいと思います」と意気込みを語った。

 出場決定は今朝、ISSAのみに連絡があったといい、「僕はずっと黙ったままコメント撮りやら何やらして、6人に伝えました。言った瞬間、みんなきょとんとしていました」とにっこり。KIMIは「本当にうれしい感情なんですけど、全く今何が起こっているのかわらかない状況で、ただただきょとんとしてます。でもスケジュールはバッチリ空いていました」と笑わせた。

 実に3年8ヶ月ぶりのニューシングル「U.S.A.」は、人気コンピ盤『スーパー・ユーロビート』シリーズに収録されていた「U.S.A.」(1992年)の日本語カバー。「C’mon,baby アメリカ」「どっちかの夜は昼間」といった“微妙”な歌詞、昨今トレンドのシュートダンスを取り入れた“いいねダンス”やMCハマーをほうふつとさせる“驚異のインベーダーフォーメーション”などが「ダサかっこいい」と話題となり、5月16日に公開されたYouTubeの再生数は公開から約5ヶ月半で1億回を突破した。