ORICON NEWS


菜々緒、ディズニー・アニメーション映画で歌う 吹き替え&歌唱シーンに初挑戦

  • LINEで送る

菜々緒がディズニー声優&歌唱シーンに初挑戦。『シュガー・ラッシュ:オンライン』(12月21日公開)カリスマレーサー・シャンクを担当(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

 女優でモデルの菜々緒が、ディズニー・アニメーション映画の新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』(12月21日公開)に日本語吹き替え声優として参加していることが発表された。ディズニー・アニメーション作品の声優は、今回が初。さらに、歌唱シーンにも初挑戦している。「ものすごく緊張しましたし、プレッシャーもすごかったです。事前にしっかりボイストレーニングを積んで臨みました」と、全力を尽くした。

【動画】菜々緒の吹き替えにアップデートされた予告編

 「これまで悪役を演じることが多く、その都度、ディズニー・アニメーション映画のヴィランズを参考にしていたのですごくご縁を感じています」という菜々緒は、ディズニーからのオファーに「率直にうれしかったし、頑張らなければ、と思いました」と、感慨もひとしお。

 アーケード・ゲームのキャラクター「ラルフ」と「ヴァネロペ」が何でもかなう夢のようなインターネットの世界で大冒険を繰り広げる本作で、菜々緒が担当したのは、インターネットの世界の超過激なレース・ゲーム「スローター・レース」のカリスマレーサー、シャンク。

 抜群の運転テクニックとかっこよさ、強さと優しさを兼ね備えるシャンクは、カーレース・ゲームの仲間からも絶大な人望を得ていることから、「リーダーシップを意識して演じました」と菜々緒。

 シャンクとの出会いによって、レーサーでありプリンセスのヴァネロペは、“新たな夢”を持つことになる。好奇心旺盛で新しいことに挑戦したいヴァネロペと、元のアーケード・ゲームの世界に戻りたくなるラルフ。大親友であることは揺るぎないが、新しいことを受け入れられず、元の平穏な生活を“夢”見るラルフと、新しい夢との間でヴァネロペは葛藤する。そんなヴァネロペにとって、優しくアドバイスしてくれるシャンクは頼りがいがあり、ヴァネロペとラルフの運命を左右する存在となっていく。

 ディズニーは菜々緒の起用理由について「初めてシャンクを見た時から菜々緒さんしかいない! 強い女性でありながらも優しさも表現できる演技力と、クールな見た目に抜群のスタイルもまさにシャンクそのもの」と明かしており、菜々緒が演じるシャンクにも注目が集まりそうだ。