ORICON NEWS


『賢者の孫』テレビアニメ化2019年4月放送開始 シン役は小林裕介

  • LINEで送る

アニメ「賢者の孫」ティザービジュアル (C)2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

 ライトノベル『賢者の孫』のテレビアニメ化が決定し、2019年4月より放送されることが20日に発表された。あわせて、ティザービジュアルとメインスタッフ&キャストも公開。シン=ウォルフォード役を小林裕介、監督を田村正文氏、シリーズ構成を高橋龍也氏、キャラクターデザインを澤入祐樹氏、制作はSILVER LINK.が担当する。

【画像】女性バーチャルタレント限定のオーディションビジュアル

 同作は、事故で死んだはずの青年が赤ん坊の姿で異世界に転生し、救国の英雄「賢者」マーリン・ウォルフォードに拾われて、シンと名付けられる。孫として育てられたシンはマーリンから魔法を教わり力をつけていくが、山奥で世間から隔離されて育った弊害もあり「常識を教えるの忘れとった」とマーリンから言われて、常識と友達を得るため高等魔法学院に入学する異世界ファンタジー。コミカライズ化もされており、シリーズ累計150万部を突破している。

 また、エンディング主題歌を歌うアーティストを「女性バーチャルタレント限定 オーディション」で選考することが決定。ライブ配信プラットフォーム・SHOWROOM史上初のオーディション企画で、優勝者はElements Gardenが手がけるエンディングテーマを歌唱する権利と声優デビューができる。

 オーディションは予選・最終予選・最終審査の3ステップで、最終結果発表は11月上旬を予定しており、審査は視聴者からのポイント数、SNSでのプロモーションなどを含め、総合的に行われる。