ORICON NEWS


【オリコン上半期】AKB48が史上初の快挙 通算2回目のシングル&アルバム2冠

  • LINEで送る

AKB48が2度目の上半期シングル&アルバム2冠達成(左はシングル1位、右はアルバム1位)

◆シングル/アルバム部門
 人気アイドルグループ・AKB48が上半期シングル/アルバム両ランキングで1位となり、2冠を獲得した。同一アーティストによる上半期シングル/アルバム同時制覇は、宮史郎とぴんからトリオ(1973年)、ピンク・レディー(78年)、光GENJI(88年)、宇多田ヒカル(2001年)、AKB48(14年)に次いで4年ぶり6度目。通算2回目の達成は史上初の快挙となった。

<写真&コメント>『第10回AKB48世界選抜総選挙』1位~100位

 シングル部門ではAKB48の52枚目シングル「Teacher Teacher」が174.1万枚を売り上げ、2011年の「Everyday、カチューシャ」(同年5月発売)から8年連続で上半期1位を獲得。連続1位獲得年数記録では、歴代2位タイの中森明菜(1986・87年)、宇多田ヒカル(2001・02年)、嵐(2009・10年)の3組が持つ2年連続1位記録を2013年に上回って以降、独走状態となっている。

 また、2011年から続いている上半期シングルミリオンセールス達成年数記録も8年連続に更新。B’z(1993~96年)、Mr.Children(94~97年)の2組が持つ4年連続の記録を2015年に上回って以降、歴代1位記録を更新し続けている。

 2位には、AKB48の8年連続ワンツーフィニッシュを阻止し、乃木坂46の「シンクロニシティ」(4月発売、上半期売上127.7万枚)がランクイン。3位はAKB48の51枚目シングル「ジャーバージャ」(3月発売、同116.9万枚)、4位は欅坂46初のミリオンセラー「ガラスを割れ!」(3月発売、同101.0万枚)が入った。上半期シングル部門で3組以上がミリオンを達成したのは、2000年にサザンオールスターズ、福山雅治、宇多田ヒカルら8組が達成以来18年ぶりとなった。

 アルバム部門では、AKB48の9枚目となるアルバム『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』(1月24日発売)が61.1万枚を売り上げ、3rdアルバム『次の足跡』(2014年1月発売)以来4年ぶり通算2度目の上半期1位を獲得した。

 2位には、昨年度の年間アルバムランキング1位を獲得した安室奈美恵の『Finally』(昨年11月発売)がランクイン。2017年度に発売5週で177.8万枚を売り上げたが、18年度上半期でさらに44.9万枚を上積みするロングセールスを記録している。