ORICON NEWS


TWICE、さいたま2daysで3万6000人魅了「ONCEの皆さんを元気にしたい」

  • LINEで送る

初のさいたまスーパーアリーナ公演を開催したTWICE 撮影:田中聖太郎写真事務所

 アジア発9人組ガールズグループ・TWICEが26・27日の両日、さいたまスーパーアリーナで2度目の海外ツアー『TWICE 2ND TOUR ’TWICELAND ZONE 2 : Fantasy Park’』の日本公演を開催し、2日間で計3万6000人を魅了した。

【ライブ写真】スラリとした美脚でパフォーマンス

 即日完売となったプレミアムチケットを手にしたファンを前に「One in a Million! こんばんは、TWICEです」と声をそろえておなじみのあいさつ。ミナは「私たちTWICEはここ、さいたまスーパーアリーナのステージでライブをするのは、今回のツアーが初めてです。今日はONCE(TWICEファン)の皆さんがたくさん集まってくれて、応援してくれて、本当にうれしいです」と感激した。

 ジヒョが「それではここでONCEの皆さんに向けて、一人ずつごあいさつしたいと思います」と切り出すと、日本人のモモ、サナ、ミナ以外のメンバーもこの公演のためにさらに勉強してきた日本語でファンを沸かせた。

 セットリストは日本オリジナルシングルと韓国での大ヒット曲を織り交ぜ、今月16日にリリースした日本3rdシングル「Wake Me Up」もライブ初披露。モモは「いつもONCEのみんなに応援してもらっているので、今度は私たちが『Wake Me Up』に思いを込めて、ONCEの皆さんを元気にしたいと思います!」と呼びかけた。

 同曲は「パンパカパーン」のフレーズなど一緒に盛り上がれるポイントが多く、25日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』で披露したこともあり、会場が一体となって盛り上がりも最高潮に。京極尚彦監督とのアニメコラボMVが話題となった日本2ndシングル「Candy Pop」ではオフィシャルペンライト「CANDY BONG」がカラフルに光り輝き、“TWICELAND”の名にふさわしい世界観が会場中に広がった。

 日本公演は6月2・3日に大阪城ホールでも行われる。