ORICON NEWS


坂口健太郎の“はにかみ笑顔”に胸キュン必至 『今夜、ロマンス劇場で』場面写真

  • 0
  • LINEで送る

『今夜、ロマンス劇場で』に主演する坂口健太郎 (C)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

 女優の綾瀬はるかと俳優の坂口健太郎がW主演するラブストーリー『今夜、ロマンス劇場で』(武内英樹監督が 2月10日公開)の新たな場面写真が、ORICON NEWSに到着した。スクリーンの中から飛び出してきたモノクロのお姫様・美雪(綾瀬)と恋に落ちる青年・健司を演じた坂口のはにかんだ笑顔を収めている。

【場面写真】憧れの人の隣でうれしそうな笑顔の坂口健太郎

 同作で坂口が演じるのは、モノクロ映画の中のヒロインのお姫様に恋焦がれる映画監督を夢見る青年・健司。健司の前に、スクリーンの中から憧れのお姫様・美雪(綾瀬)が突如現れる。驚く健司だったが、モノクロの世界から来た美雪に、今まで知ることのなかった“色”を一つひとつ教えていき、2人は距離を縮めていく。

 坂口は、2010年に第25回メンズノンノのモデルオーディションに合格し、今年で芸能生活8年目を迎える。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(16年)で高畑充希演じるヒロイン・小橋常子の相手役・星野武蔵に抜てきされ、不器用で少し頼りなさげに見えても、いざというときに常子を守る姿と、時折見せるはにかんだ笑顔に胸キュンする女性が続出。日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』では毒舌の金髪イケメンモデル・KEY、映画『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)では『第40回日本アカデミー賞』新人俳優賞などを受賞し、俳優としての実力も着実に築き上げてきた。

 綾瀬と本格初共演を果たす同作では、美雪の世間知らずでおてんばなお姫様ぶりに振り回されながらも、憧れ続けた女性に対しての変わらない愛情に満ちた表情、美雪と一緒にいるときのうれしそうな笑顔に、観賞したマスコミの女性陣から「一途に想う姿がすてき」「坂口さんの姿に感動した」という声が続々と上がっている。

関連記事