ORICON NEWS


ミステリーの巨匠・西村京太郎氏、『アウト×デラックス』初出演

  • 0
  • LINEで送る

9月21日放送、フジテレビ系『アウト×デラックス スペシャル』ミステリー小説界の重鎮・西村京太郎氏が初登場(C)フジテレビ

 ミステリー小説界の重鎮、西村京太郎氏が、21日にフジテレビ系で放送される『アウト×デラックス スペシャル』(後10:00~11:24)で、同番組に初出演する。収録では、MCの矢部浩之(ナインティナイン)とマツコ・デラックスが「ようこそお越しくださいました」と丁重に出迎え、「本当にありがたいです。こんなおかしい番組に出ていただいて」とマツコがへりくだると、西村氏は「どうしてありがたいの?」といきなり強烈なリターン。過去最高と言っても過言ではないアウトぶりが明らかになる。

【写真】ひふみんやゲスの極み乙女。も出演

 西村氏は「今87歳。40歳までに死なないやつはだめだと思っていたのに倍も生きちゃった。邪魔だと思うけど」と、しんらつな発言を連発し、その迫力にスタジオのメンバーは圧倒されっぱなし。さらに「人を殺しにくくなった。嫌な世の中になった」という西村でなければ言えないぼやきまでもが飛びだす。

 もし矢部、マツコを主人公にしたミステリー小説を書くとしたら、ということでマツコの殺し方に話題が及ぶと「なかなか隠すのが難しいね」と遠慮なく、「だったら橋の上で…」などと楽しげにアイデアを出していく。矢部の過去の女性関係も話題にのぼり、過去の女性たちを登場人物にする提案がなされるなど、3人で大いにミステリーのあらすじづくりで盛り上がった。

 スタジオには西村夫人も立ち会っていたが、時に若いころに通っていた風俗の話しが飛び出すことがあっても夫人は終始笑顔。そんな姿にマツコは「すてきな奥様!」と感激しきりだった。

 21日のスペシャルでは、将棋界のレジェンド、加藤一二三氏の「人生でやりたい5つのこと」をかなえるためのバスツアーの様子も放送。第一にあげた夢、「歌を出したい」をかなえるため、楽曲提供を快諾したのは、ピコ太郎を生み出した古坂大魔王。古坂もやるからには「紅白出場を狙いましょう!」と、4回も作り直したというオリジナル曲が番組で初披露される。

 ほかに、ロックバンド・ゲスの極み乙女。も出演。昨年の活動休止につながった騒動以来、初めてのバラエティー番組出演となる。番組のオリジナル曲をつくってほしいという無茶ぶりに、ボーカルの川谷絵音が即興で応えるひと幕も。どんな曲が誕生するのか。

Sponsored

関連記事