房総通リズム春の観光特集2024
ORICON NEWS


今田美桜、杏から“花咲舞”を継承「正直、プレッシャーはあります」

  • LINEで送る

杏から“花咲舞”を継承した今田美桜 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の今田美桜、山本耕史、上川隆也らが2日、神奈川県内で行われた日本テレビ系“土ドラ9”『花咲舞が黙ってない』(4月13日スタート、毎週土曜 後9:00)の記者発表会に出席した。

【集合ショット】華やか!要潤、今田美桜ら豪華な面々が笑顔で登場

 前作のドラマ『花咲舞が黙ってない』は、銀行を舞台にした池井戸潤氏の小説『不祥事』を原作に2014、15年に、杏が主演を務めた。前回のドラマ放送後、ドラマと同名の新作小説『花咲舞が黙ってない』(池井戸氏著)が出版された。銀行の大合併が描かれ、新たな敵役も登場する。2024年版ドラマは、この新たな物語を、新たなキャストで届ける。

 今作の主人公・花咲舞は、大手銀行の窓口係から突然、本部の臨店班に異動になる。訪問する支店で巻き起こる事件や不祥事をスッキリ、ズバッと見事に解決していく。不正を絶対に見て見ぬふりできない花咲舞が、弱い立場の人たちのために立ち上がる姿が痛快なエンターテインメントとなる。

 杏が演じた花咲舞を今田が、上川が演じたバディ・相馬健を山本が継承する。今田は「10年前の杏さんと上川さんがやられた『花咲舞』は、私も大好きでまだ学生だったと思いますけど拝見していました。その当時も勇気をもらう作品でしたし、今回やらせて改めて見返したんですけど、学生の時に見ていた時とはまた感覚が変わって、自分が働きはじめて、いろいろと突き進んでいく舞の姿は、なかなかできることじゃないし、本当にすごいなと改めて勇気をもらいました」と回想。

 報道陣を前に「正直、プレッシャーはあります」とポツリと漏らしつつ「ただ大好きな作品でもあるのでリスペクトを込めながら、また新しい皆さんと一緒に、新しい『花咲舞』を作っていけたらいいなと思っています」と最後には前を向いた。

 また、前作に引き続き上川が「酒肴処・花咲」店主で舞の叔父・花咲健役で出演する。山本は「僕の場合はご本人(上川)がいらっしゃるので、何か分からないことがあったらすぐに聞ける。前からご一緒させていただいてすてきな先輩の俳優さん。とっても優しく見守ってくれていると感じています」と感謝の思いを口にした。

 この言葉に少し照れ笑いを浮かべていた上川は「お二人の佇まいは新たな『花咲舞』にふさわしいものになっている。お二人に決まりましたとお話を伺ったときから何の不安も心配も抱かずにいます」と賛辞を送り、全幅の信頼を寄せていることを明かした。

 会見にはそのほか、飯尾和樹(ずん)、要潤、菊地凛子が出席。さらに原作者・池井戸潤氏の「装いも新たに、花咲舞が帰ってきてくれました。少しおてんばだけれど、曲がったことは大嫌い。そして相手が誰だろうと、理不尽には黙っていない。そんな花咲を今田さんがどう演じられるか、本当に楽しみです」というコメントが代読で紹介された。