飯岡沖にヤリイカ回遊 ホウボウも数釣り

 50センチのパラソル春の訪れは間近か。南房総の洲崎沖、白浜沖で好乗りしていたヤリイカが北上し、飯岡沖にも回遊してきた。50センチ級のパラソルもまじり、多点掛け。「重いぞ」と電動リールがうなりを...(2011/03/11 17:24)

日本最大のクラゲ エチゼンクラゲ 【海の紳士録】

 エチゼンクラゲは成長すると傘の直径が1メートル以上、体重200キロに達する日本最大のクラゲである。しばしば大発生を起こし、漁業に深刻な被害を与える。しばらく前まで、大発生は40年周期に起こると...(2009/09/01 19:31)

ゆったり、楽々 午後船でも良型の数釣り 飯岡沖のシロギス

 初夏の訪れとともに飯岡沖のシロギスが本格化してきた。型は15センチから25センチで、上手な人で70、80匹はいく。同港「幸丸」の向後嗣一店主に釣れっぷりの情報を取材すると、「GW明けから一気に...(2009/05/29 23:57)

小気味いい引き 魅力いっぱい、土産も十分 飯岡沖のエビタイ

 「ケンさん、飯岡沖の生きエビのハナダイって、今年は型がいいんだろ?先週の釣り欄に30センチオーバーの写真が載っていた。行こうよ」。友からのケータイ。が、風が吹きまくっていて、なかなか出漁できな...(2009/05/22 22:56)

「大きい、40センチ級だ」 この型を5匹なら入賞… 片貝沖のアジ釣り大会

 第6回「九十九里町漁協春のアジ釣り大会」(千葉県遊漁船連盟など後援)が、このほど片貝沖を中心とする周辺海域で開かれた。子供、女性を含む参加者249人が本紙ニュース提供店の「正一丸」「第1二三丸...(2009/04/10 22:45)

悲鳴をあげる“大型電動” 友が大型ゲット 小名浜沖のマダラ

 秋の気配が色濃くなり、朝晩は少し肌寒くなってきた。熱つ熱つの鍋にはまだちょっと早いが、タラで一杯やりたくなった。良型のオスを仕留め、美味な白子があればもう最高。仕事は多忙を極めるが、「一日ぐら...(2008/10/11 22:16)

追い食いさせれば多点掛け “束釣り”の好機 金谷沖のアジ

 金谷沖のアジが九月に入って元気いっぱいだ。型は一六センチから二六センチと小中サイズだが、サビキに五、六匹の多点掛け。水深も十メートルから二十五メートルと浅く、「クン、ククン」の魚信から「ググン...(2008/09/19 22:34)

「カン、カン」の強烈な引き ハリスに躍る良型 館山沖のカワハギ

 館山沖でカワハギが好発進した。サイズも一八センチから二八センチと良型ぞろい。腕のいい人なら四十匹以上ゲットできる。水深もこの時期は十五メートルから二十五メートルと浅く、釣りやすい。「カン、カー...(2008/09/12 22:32)

浅場からダイレクトな引き 躍る“海の女王” 東京湾奥のシロギス

 夏本番を迎えて盤洲沖、木更津沖、富津沖など東京湾のシロギスが、トップ束釣りと“絶好釣”だ。型も二〇センチ前後が中心で、水深五~十メートルの浅場から「プルッ、ククン」のダイレクトな引きが楽しめる...(2008/08/01 22:09)

狙え豪華賞品 3月16日に大会 大原沖でフグを釣りまくれ

 「良型フグを釣って豪華賞品をゲット」。「第二回いすみ市大原港ふぐカットウ釣り大会」(夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会主催、いすみ市、千葉県遊漁船連盟など後援)が、三月十六日に大原沖を中心とし...(2008/02/01 22:44)

ページ