水温低下の今後が好機 外房のハナダイ・ヒラメ

 秋が深まり水温が下がると、「タイやヒラメの舞い踊り」ではないが、外房の飯岡沖、片貝沖でハナダイの好シーズンを迎える。コマセシャクリでソフトに誘えば18センチから35センチの大・中・小のハナダイ...(2008/11/07 22:40)

早上がりも“数釣り”実感 金谷沖のアジ

 金谷沖の浅場で一五センチから二五センチのアジが、トップ二束前後と好食いが続いている。アジ好きの友が「金谷沖のアジは“黄金アジ”と呼ばれ、どう料理しても絶品の味。行こうよ、ケンさん」と声が掛かる...(2008/10/31 22:59)

腕達者の女子生徒が健闘 保田のカワハギ大会

 昨年、鋸南町のカワハギ釣り大会で準優勝した釣友が、「今秋も開かれる。女房と参加したい。ケンさん、取材してよ」。居酒屋で一杯やっていると、特別注文が舞い込んだ。先週、不覚の船酔いで釣りにならなか...(2008/10/24 22:57)

“船酔い”追い込みも不発 館山沖のカワハギ

 館山沖のカワハギが、十月の上旬をすぎてトップ四、五十匹台と好シーズンに突入した。カワハギ好きの当方、腕がむずむず。釣友も「釣趣、食趣とも抜群。行きたいね」に館山つりセンターにTEL。「数日前、...(2008/10/17 22:48)

上げ潮が利き“入れ食い” 木更津・矢那川のハゼ 

 行きつけのラーメン店で遅い食事をとっていると、隣の顔見知りが声を掛けてきた。「この間、江戸川放水路のボートハゼに息子と行ってきた。東京湾の青潮の影響で全く釣れず、二人で二十匹たらずという惨めな...(2008/10/03 22:43)

10月に入れば必ず好食い 湊川・矢那川の陸ハゼ

 九月中旬を過ぎ、内房の港周りや各河川の陸っぱりハゼのシーズン入りを迎えた。なじみの居酒屋でグラスを傾けていると、「明日の予定は入っていない。陸釣りのハゼ、連れてってよ。東京の友人も行きたがって...(2008/09/26 22:37)

“奮闘”ウネリなんのその 親子体験釣り教室

 「シロギスを釣って夏休みの思い出づくり」―。木更津沖でこのほど「親子釣り教室」(日本釣りジャーナリスト協議会・(財)日本釣振興会主催)が開かれた。釣り好きな親子二百人あまりが参加。「お父さん、...(2008/08/29 22:30)

「グン」小型でも引き強烈 金谷沖のタチウオ

 金谷沖で東京湾の大物、タチウオが大暴れして剣の舞いを見せている。型は六〇センチから七〇センチが中心だが、食いダナが二十メートルから四十メートルと浅く、ハリ掛かりした時の引きは強烈。猛暑の中での...(2008/08/15 22:27)

サメ来襲、ニベをガブリ 飯岡沖のシロギス

 猛暑が続いている。「ケンさん、暑くて夜、なかなか眠りつけない。一杯、『グッ』とやらなきゃ。シロギス、天ぷらでうまいんだろ。釣ってきてよ」。行きつけの居酒屋で飲み仲間から声が掛かった。「じゃ、天...(2008/08/08 15:53)

「デカイ」2人で“計一束” 飯岡沖のシロギス

 飯岡沖のシロギスが中旬をすぎて、トップ束超えと上向いてきた。一五センチから二五センチの良型が、「プルン、クッ、ククン」の小気味いい引きを見せる。飯岡港「優光丸」にTELして釣況取材すると、伊藤...(2008/06/27 23:09)

ページ