悪釣況も友が連発し笑顔 館山湾のキス&マゴチ

 「日報の釣り欄で68センチのマゴチの写真を見た。館山湾でビッグワンが釣れるの…。仕留めてみたい」。実籾の“浜ちゃん”こと浜下幸治氏からTELがあった。「生きたサルエビを使い、タイミング良く合わ...(2009/07/31 22:58)

“潮回り”に泣かされる 大貫沖のフグ

 東京湾・大貫沖のショウサイフグがトップ30匹台と上向いてきた。型も18センチから35センチで25センチ級を主体に良型がそろう。「2人で攻めればフグのフルコースが味わえる。どう…」。釣友にモーシ...(2009/05/08 22:52)

“体調不良”絵撮りに専念 館山沖のカイワリ

 「ケンさん、カイワリが釣れ出してきた。社に写真を送ったから載せてよ」。館山・船形港「真澄丸」の高橋忠船長から当方のケータイに電話が掛かってきた。カイワリはシマアジに匹敵する高級魚。お造りや塩焼...(2009/04/24 22:48)

潮が吹っ飛び“大苦戦” 中ノ瀬のシロギス

 東京湾奥の中ノ瀬でシロギスが、水温の上昇とともに食いだしてきた。13センチから24センチの大中小がまじりでトップ束超え。浦安の「吉野屋」に電話を入れた。「初夏の陽気が続き、水温が一気に上昇し、...(2009/04/17 22:47)

出漁パスして“船宿紹介” 川津沖のヤリイカ

 勝浦の川津沖でヤリイカが乗り出してきた。その活発な乗りっぷりに、釣友が「ケンさん、行こうよ」とアクションを起こすが、イカが苦手の当方、「朝は早いし、体力的にもキツい。かんべんしてよ」と頭を下げ...(2009/04/03 22:44)

天候、魚に裏切られて 東京湾奥のエビメバル

 弥生三月となったが、まだ寒い日が続き、低気圧の影響で風も強い。先月末には東京、千葉に雪もちらついた。行きつけの居酒屋でグラスを傾けていると、「春告げ魚、黒メバルの煮付け、食べたい。連れてって」...(2009/03/06 22:30)

ナギが続けば好釣果必至 東京湾奥の黒メバル

 立春を過ぎ、暦の上ではもう春だが、海を渡る風はまだ冷たく、朝晩は寒さが身にしみる。この時季、東京湾奥の黒メバル釣りが開幕する。生きたモエビによる釣りで、仕掛けを海底に落とすと、「ギュン」と一気...(2009/02/13 22:20)

忙しいほどの“入れ食い” 中ノ瀬のシロギス

 初釣りは東京湾のシロギスと決めていた。1カ月ほど前、木更津沖で20センチ前後の良型を一束近く釣ったのだ。「今年の釣運は“初釣り”で決まる」ではないが、好釣果で祝膳を飾れば「吉」と出るからだ。常...(2009/01/09 22:10)

船長の好判断で入れ食い 木更津沖のシロギス

 年の瀬が近づき、納竿のシーズン。毎日、北風がピュン、ピュンで厳しい寒さ。釣況も芳しくない。友が「ケンさん、江戸っ子は雑煮のダシにハゼを使うんだって。一度食べてみたい。行こうよ」と誘い掛けるが、...(2008/12/19 22:06)

サオ頭は浜ちゃん 新人2人も大健闘 館山湾のカワハギ

 釣趣、食趣とも抜群のカワハギ。人気魚種として今、大ブレークしている。釣友の浜ちゃんが「ケンさん、ウチのグループに新人が二人加わった。カワハギは初めてなんで好食いしている館山湾に行く。一緒にどう...(2008/11/14 22:59)

ページ