群れ固まり好機到来 数釣りのチャンス 館山沖のカワハギ

 寒波の襲来。館山沖の水温が一気に下がってカワハギの群れが固まり、トップ七、八十匹と爆釣モードに突入した。船形港「館山つりセンターくろしお丸」の花輪雅一船長は、「昨年の十二月から群れが固まり出し...(2008/01/18 22:34)

「プルッ、ククン」の引き楽しむ 家族連れで釣果競い合い 高滝湖のワカサギ

 ワカサギの好スポットとして定着した市原市の高滝湖で、五センチから一〇センチの小型が好食いしている。ボート釣りで良し、陸釣りでも土産はしっかり確保できる。秋が深まるこれからは紅葉も見ごろとなり、...(2007/11/16 22:49)

穂先で乗り察知 “テンヤ”踊らせて数釣り 盤洲・富津沖のイイダコ

 東京湾の秋の風物詩といわれるイイダコが、盤洲沖や富津沖の浅場で好調に釣れている。八センチから一六センチがいい人で一束オーバー。子供や女性を含めた家族連れや船釣り初心者でも三、四十匹はゲットでき...(2007/11/02 22:07)

早朝、入れ食い 釣れすぎて“早上がり” 大原沖のフグ

 大原沖のショウサイフグが待望の解禁を迎えた。「一八センチから二八センチがいい人で七十匹前後。スソでも三十匹はいく。ポイントも太東沖、一宮沖と広範囲。今年はアタリ年かもしれない。ケンさん、来てよ...(2007/10/19 22:27)

ページ