2020夏季千葉県高等学校野球大会

反応を確実に、規定数達成 川津沖のイサキ釣り 【総竿の釣遊記】

 連日、規定数の50匹を伝える川津沖にイサキを狙って釣行した。旬は夏場だが、この時期は走りということもあり皮下脂肪をためた絶品イサキが期待できる。
釣り場までは15分ほどの川津港真沖...(2019/05/10 05:00)

ハタとメバルを特餌でゲットの大島さん

低水温で成す術なく絶不釣 飯岡沖ジャンボフグ釣り 【総竿の釣遊記】

 「家のめえでエガイフグが上がって来たよ」。飯岡港・第1太洋丸(本紙釣りニュース提供船)の松浦保彦船長から吉報が入った。

 フグ釣りが大好きな友人にその情報を流すと10人のフグキチ...(2019/04/19 05:00)

唯一、良型フグをゲットした大越さん

キロ超え、ソゲ級を連発 飯岡沖18年度最後のヒラメ釣り 【総竿の釣遊記】

 春の風物詩・東総沖のホウボウを狙って釣行したが、ポイントとなる15マイル沖の海況予報が悪く断念。急きょ2018年度最後のヒラメ釣りに打って変わった。

 取材協力船は飯岡港・第1太...(2019/04/05 05:00)

船中一番乗りの柿本さん

イカ不釣もサバ絶好釣 勝浦沖のヤリイカ釣り 【総竿の釣遊記】

 釣趣良し食味良しの寒サバとヤリイカ所望の柴田耕二さんと再び勝浦沖へ出漁した。

 前夜、川津港で車中泊、10メートルほどの肌寒い北風と雨模様の中、就眠…。午前3時半にセットした目覚...(2019/03/15 05:00)

ヤリイカ2匹を手にポーズを決めた山口さん

同一仕掛けで併せ釣り 勝浦沖の寒サバとヤリイカ 【総竿の釣遊記】

 厳寒期の勝浦沖に旬本番の寒サバを狙って釣行した。

 この時期のサバは皮下脂肪をタップリと蓄えキロ級になると1匹、2千円はする季節限定魚。川津港の喜美丸(本紙釣りニュース提供船)で...(2019/03/01 05:00)

ヤリイカを一荷釣りした塘さん

ドラゴン級は冬場がチャンス 東京湾冬の陣・タチウオ釣り 【総竿の釣遊記】

 東京湾の釣りで、「冬の陣」といえばタチウオ釣り。1メートルを優に超えるドラゴン級を求め厳寒の海に挑むベテラン好みの釣り物である。タチウオ釣りは発展途上の小生にこの釣りが殊の外好きな台湾料理長の...(2019/02/08 05:00)

豪快なごぼう抜きを披露する江澤さん

初釣りを鈴なりで飾る 東京湾でアジとニベ釣り 【総竿の釣遊記】

 外房は苦手だが内房なら行きたい。そんな釣り仲間を募り金アジと今が最高においしいニベ(関東地区ではイシモチ)を狙って大会を開催した。

 釣り船は寒川港の守山丸(本紙釣りニュース提供...(2019/01/18 05:00)

イシモチを釣り上げた渡邉さん

ハナダイ無残もヒラメ大漁 飯岡沖で2連釣 【総竿の釣遊記】

 お頭つきと言えば「鯛」。それを対象魚に所属する釣りバカ懇親会の釣り大会を開催。テンヤ・タイラバ、コマセと釣り方はさまざまだが、今回の釣法は古くから外房地域に伝わる胴突き仕掛けにエビエサを付けて...(2019/01/10 19:49)

中でも良型を手に記念撮影

データと時合融合で大漁 銚子沖のヒラメ釣り 【総竿の釣遊記】

 1年を締めくくる釣遊記は最も釣果が良かった銚子沖のヒラメ釣りに決定。参加者は平均年齢69歳の侍4人。日本刀ならぬ愛用の竿を手に午前4時半、外川港に集合した。

 気になるのは気象予...(2018/12/28 05:00)

良型を手にゲットポーズ

ビギナーの初釣りに推奨 九十九里沖のハナダイ五目 【総竿の釣遊記】

 好釣を告げる九十九里沖のハナダイ五目釣りに釣友の渡辺義廣さんを誘って出漁した。取材協力船は喜美丸(本紙釣りニュース提供船)。

 喜美丸の釣り座は到着順。潮の満干で上下する船の乗り...(2018/12/21 05:00)

良型ハナダイをゲットした渡辺さん

ページ