はまる事、請け合い 寒川港発~タチウオ船 【総竿の釣遊記】

 東京湾最奥に位置する千葉市寒川港からタチウオ船を出す小峯丸で釣友8人と出漁した。好釣を告げる観音崎沖までは30マイル(約55キロ)、航程2時間程と遠いが、交通渋滞、事故に巻き込まれる心配もなく...(2016/12/09 13:27)

年末年始の海況に期待 大原沖のフグ釣り 【総竿の釣遊記】

 昨年、いすみ市と大原遊漁船組合が共同主催する「海釣りフェスタ」フグ釣り大会に参加。30センチを平均に35センチ超の大型を交え37匹釣ったのは記憶に新しい。今年の大会には参加できなかったが3日後...(2016/11/25 15:27)

奥深さ実感、長い1日 晩秋のイイダコ釣り 【総竿の釣遊記】

 当年とって67歳、毎日が日曜日の小生。「今、何かやってるの?」と聞かれる事が多く「サンデー毎日だよ」と洒落(しゃれ)てみる。「えっ、記者なんだ」面倒くさいから「うん」と答える。そんなある日、先...(2016/11/18 14:00)

晩秋は釣果釣趣、倍増 片貝沖ハナダイ五目釣り 【総竿の釣遊記】

 外房を弓なりに続く九十九里浜沖でハナダイ五目釣りが本番を迎えた。

 周年を通してコマセ釣りをする片貝港・喜美丸(本紙釣りニュース提供船)への釣行は10月半ばの事。30センチ平均の...(2016/11/04 12:49)

子供でもツ抜け釣り 飯岡沖でタイラバマダイ釣り 【総竿の釣遊記】

 最近、派手なオモリに色鮮やかな飾りをあしらった擬餌バリでマダイを釣るのが大流行。源は漁師が使っていた漁具をヒントに釣具メーカーが完成させたタイラバという仕掛けだ。釣り方は底立を確認したらマダイ...(2016/10/21 13:37)

潮風を体いっぱいに浴びて 第5回千葉港アジ釣り大会 【総竿の釣遊記】

 節目の第5回・千葉港アジ釣り大会が千葉市寒川港・遊漁船組合主催で開催。本紙釣りニュース提供船の守山丸、小峯丸に総勢30人の太公望が乗り込み、午前6時半に岸払い、本船が係留する千葉港にそろうとエ...(2016/10/14 13:35)

ヒット確率99% 東京湾ルアーシーバス 【総竿の釣遊記】

 東京湾にイワシの群れが入り込む秋、ルアーシーバスが本番を迎える。キャッチ&リリース・スポーツフィッシングとして若者の間で人気を集めているが、この頃から小魚を追うイナダやサワラなども回遊。イワシ...(2016/10/07 17:06)

時化と潮濁で「絶不釣」 東京湾イイダコ釣り 【総竿の釣遊記】

 イイダコの釣り期は9月頃から。遠浅の砂泥地帯に群生するアサリなどを捕食しながら徘徊し始めるのだ。それを対象魚に大会を開催。小生の周りにはさまざまなジャンルの釣り仲間がおられるが、今回の参加者は...(2016/09/23 12:46)

コマセ絶やさず「大漁」 東京湾LTアジ釣り 【総竿の釣遊記】

 二十四節気の一つ「処暑」が過ぎると東京湾で丸アジ釣りが佳境を迎える。潮流緩い東京湾のアジは皮下脂肪を蓄え定番の刺し身や酢〆、ナメロウ、フライとバラエティーに富んだ料理が楽しめる。

...(2016/09/16 12:06)

至福の時間を堪能 外川沖のヒラメ釣り 【総竿の釣遊記】

 連日、好釣を告げる外川沖のヒラメを狙い釣行した。

 釣り船は透容丸(本紙釣りニュース提供船)。ホームページを開くと見慣れた外川漁港の水彩画が出迎えてくれる。絵描き船長として知られ...(2016/09/09 12:39)

ページ