総竿の釣遊記

釣り歴45年の総竿さんは、千葉市在住。房総の海を熟知したベテラン釣り師の釣行記と釣り場紹介などを随時掲載します。


アルゼンチンエビで好釣 東総沖の釣り大会 【総竿の釣遊記】

  • 0
  • LINEで送る

「この型がツ抜けすれば」と越後谷さん
大型が桶に溢れる竿頭の釣果

 ことわざ辞典に「柳の下にいつもドジョウはおらぬ」とある。吉事はそう続かないというわけだが、昨年の2月、釣友6人とホウボウ釣りに出漁。全員が40センチ級の大型を平均30匹釣り上げクラーボックスに入りきれない釣果があった。そこで同じ東総沖を舞台に、今年も釣り大会を開催した。

 参加者は大漁が脳裏から消えない7人に加え、武勇伝を聞いて集まった3人。釣船は飯岡港の第1太洋丸(本紙釣りニュース提供船)。午前4時頃、全員が到着。大型トリプルヒットで折れた竿先を使い50匹近く釣り上げた平井通矢さんの話で盛り上がり全員が高揚。気分をそのままに乗船。定刻の5時半、舫いロープが解かれた。

 松浦保彦船長曰く「今年はまだ早え~みてえだど、駄目な時はフグやっぺ」で参加者全員に通知、準備万端の出港となった。

 ホウボウ釣り場は航程1時間程かかる飯岡真沖。水深は40メートル前後で海底は小さな岩礁が点在する釣り場らしい。釣り方はポイントを幅広く探る風任せの横流し釣り。6時半頃、「ハイッ、やって下さい」で一斉に投入。右舷を風上に流し始めた。アタリが出るまでは置き竿に。昨年は一投目からアタリが頻発。釣りと言うより漁を彷彿とさせる勢いだった…のだが? アタリらしきも無い。

 口数が少なくなった船中の様子に幹事長の独断で対象をショウサイフグに変えることになった。所属する釣りバカ懇親会御用達船ならではの我儘(わがまま)釣りである。そして、大型が上がると言う灘へ踵(きびす)を返した。釣り場は飯岡漁港口の真沖。小さな岩礁が点在する根掛かり必至の釣り場だ。

 一番乗りは右舷胴の間で竿を振る塘正さん「こりゃでっかいね」。つづいて越後谷晃さんが「いい型だね、このサイズなら10匹あれば御の字だよ」とポーズを決めた。そんな最中、右舷大ドモで「タモタモ」の声。船長が掬い上げたのは2キロ級の寒ビラメ。釣り上げたのは河口有志さんだ。何とも贅沢な外道に船中で「いいなー」の羨(うらや)む声も。その後、ポツリポツリの拾い釣りながら30センチ級の良型が上がり、その都度歓声が上がった。

 結果はヒラメ2匹、ソゲ2匹、ウマヅラハギ2匹にフグ14匹とダントツの釣果を上げた河口さんが総竿作和竿を手中にして大会の幕が下ろされた。

 ここで一人絶好釣だった要因を河口さん談から紹介しておく。エサは市販のアルゼンチンエビ(1匹×50円~60円)を付け、竿は7/3調子。釣り方はオモリを海底スレスレにキープして微かなアタリを合わせたとの事である。フグ釣行の際、参考にしてみてはいかがだろう。

 復釣が見え隠れする大型フグに、旬真っ只中のホウボウ、ヒラメ釣況と乗船予約は飯岡港・第1太洋丸、電話0479(57)3762。(総竿)