総竿の釣遊記

釣り歴45年の総竿さんは、千葉市在住。房総の海を熟知したベテラン釣り師の釣行記と釣り場紹介などを随時掲載します。


大自然の驚異、歯立たず 大原沖釣りフェスタ 【総竿の釣遊記】

  • 0
  • LINEで送る

良型を手に満面に笑みの容子さん
ホラよっ、と山本さん

 大原沖釣りフェスタ・フグ釣り大会に柴田耕二さん、山本守さん。そして千葉市からいすみ市に転居した和太鼓の弟子・坂本容子夫妻がエントリー。計5人で乗船した。

 前夜、取材協力船・鈴栄丸(本紙釣りニュース提供船)の二代目・斎藤俊一郎船長から参加人員の確認があり、その際「今日、マックス釣りで早上がりした僚船があった」との吉報も追加された。同行諸氏にその情報を伝達すると3時頃相次いで到着。午前4時。受付を済ませ釣り天狗(てんぐ)が着座すると中乗り役の三代目・俊太船長が手際よく舫(もや)いロープを解き岸払いとなった。

 当日の予報は曇りのち雨。しかし未明の空を仰ぐと凍て星が輝いていた。港を出ると初心者の坂本夫妻を歓迎するかのような静かな海。舳先(へさき)を向けたのは大型が上がるという一宮沖。3年後のオリンピックで正式種目となったサーフィン会場の釣ケ崎海岸沖周辺らしい。到着すると想定外の高いウネリが押し寄せ不安定に船が揺れ始めた。

 そして5時10分頃、「ハイ、やっていいですよ」。船長のGOサインで一斉にカットウ仕掛け投入。漆黒の海底で威力を発揮すると言う蛍光色の仕掛けに思いを託し「1、2、グイッ」のリズムで空アワセを入れる。しかし、期待した朝マズメにマックスモード無し。2年前、「船長の癖を知れ」を見出しに鈴栄丸を紹介したが、今回の船長に好釣時の勢いが無い。30分遅れで到着した僚船にも取り込みシーンが無く、アッという間に序盤が経過。

 自身の釣果はさて置き、まずはゲットシーンと考える小生。その思いに応えたのは船尾で竿を振る山本守さん。フグの食味に魅せられた竹馬の友が、「ホラよ」と良型のショウサイフグを抜き上げカメラに収まった。

 気になるのは今回で2回目となる坂本夫妻の動向だ。寒さと船酔いでキャビンに潜り込んだ旦那さんを気遣いながらも、フグ釣りの基本動作を忠実にこなしていた容子さん。「反応がありますから空アワセ入れなさいよー、入れないと掛かりませんよー」。今回初の発破が掛かった途端、力強いリーリングが連続。「ヤッター」好奇心旺盛な和太鼓の弟子が3匹立て続けに釣り上げ満面の笑みでポーズを決めた。現場写真を撮り終え、一日の長を見せつけるべく竿を振ったがまさかの一桁台で11時沖上がりとなった。

 優勝者は21匹釣り上げた常連さんで鈴栄丸特別賞の和竿が進呈され、沖釣りフェスタの幕が降ろされた。

 前日の絶好釣から急変した原因を訪ねると「分かりません、水色が悪かったね」と元祖フグ釣り船の2代目も大自然の驚異に歯が立たなかった様子である。

 沖釣りは日々刻々と変化。釣行はリアルタイムで更新する船長のブログを確認の上、乗船予約は大原港・鈴栄丸、電話0470(62)0351。(総竿)