2015年度「千葉文学三賞」募集要項 締め切りは来年1月31日

  • LINEで送る

 千葉日報社は「2015年度千葉文学三賞」(第59回千葉文学賞、第57回千葉児童文学賞、第10回千葉随筆文学賞)の作品を募集します。

 受け付けは12月1日から2016年1月31日まで(当日消印有効)です。

 この賞は、房総の文学振興を目的に創設され、多数の作家を世に送り出してきました。今回も清新な文学作品をお待ちしています。

 選考委員は、山本鉱太郎、松島義一、佐藤毅、大野彩子、宍倉さとしの5氏です。

 「第59回千葉文学賞」「第57回千葉児童文学賞」「第10回千葉随筆文学賞」の募集要項は次の通り。

 【募集要項】

 (1)応募資格は千葉県内在住か、在勤・在学者で職業作家は除く。

 (2)作品は400字詰め原稿用紙(1行20字で20行)を使用し、縦書き。ワープロ、パソコンでの投稿を歓迎。

 (3)未発表作品、または2015年1月から同年12月までに刊行された文芸同人誌の掲載作品に限る。掲載作品も規定に沿って書き直す。

 (4)氏名(ペンネーム、本名ともふりがな)、年齢、郵便番号、住所、職業、電話番号のほか、加入同人誌・サークルなどがあれば、その名称を別紙に記入。

 (5)作品は返却しない。

 (6)応募は郵送か宅配便で。締め切りは2016年1月31日(当日消印有効)。

 (7)最終選考は3月。随時、紙面に掲載。

 (8)千葉文学賞30万円、千葉児童文学賞、千葉随筆文学賞には各10万円の賞金を贈呈。ただし、複数が入賞するか、佳作選出の場合は変動する。

 (9)入賞作品の版権は、千葉日報社に帰属し、作品の無断転用、転載、また他の文学賞への二重投稿は禁止。

 ≪千葉文学賞≫ 現代、歴史物を問わない。戯曲は除く。400字詰め原稿用紙27~30枚。

 ≪千葉児童文学賞≫ 小学生から高校生までを対象にした童話、児童読み物、ヤングアダルト向け読み物で、現代、歴史物を問わない。400字詰め原稿用紙14~15枚。

 ≪千葉随筆文学賞≫ 自分史、紀行文、身辺雑記などいわゆるノンフィクションのエッセー。400字詰め原稿用紙10~15枚。

 ※それぞれ1枚目余白に賞の名を明記し、題名と氏名(ペンネーム)を書き、原稿用紙はひもでとじる。各部門1人1点。1人が各部門へ投稿するのは可。

 【投稿先】

 〒260-0013千葉市中央区中央4の14の10、千葉日報社文化部「千葉文学三賞」係。電話043(222)9215。